fc2ブログ

収縮伸展



二頭筋は収縮重視、三頭筋は伸展重視というのは

既にご存じの方も多いと思いますが二頭筋の伸展、

三頭筋の収縮を軽視してはいけません。



ローププレスダウンでの収縮時は両手幅は少し広めで

小指側が床向きでも良いですが拳が床方向に向くまで

絞ったほうが強まります。

胸を少し張ります。



伸展は肘は外向き。

脇は自然に開きます。


そのまま親指が顎方向まで行き、同時に肩も自然に上がるので

肩をすぼめるような姿勢になります。

少しだけ猫背になるはずです。


三頭の発達していない人は収縮より伸展が出来ていないのです。


出来ている人を何年も見た事がないですね。


リバースディップスは三頭筋の使い方はローププレスダウンと同じです。


ワンハンドフレンチプレスも後ろや反対の肩まで持っていくと

伸展が弱くなるので手前で屈曲。


同時に肩を上げ、肘を少しだけ内方に寄せます。


ちょっとしたポイント、使い方で効果に雲泥の差が出ます。

無駄な追い込み、無駄な重量・・・

しっかり伸ばす、しっかり曲げる

無駄が多過ぎ。


サイドレイズも僧帽筋や背面全体に分散させて、無駄なチーティングで

やるケースが多いようです。


三角筋を発達させたいならどれだけ上手く筋肉を使うか、動かすか。

トップでは腕を上げ過ぎないよう肩をあげます。


腕を横に伸ばし肩だけ3センチ上げる収縮練習はけっこう効果あります。

収縮が上手くなるので効果的です。


リアヘッドはダンベルショルダープレスで十分効果はありまります。

ダンベルは肩の真横で受けます。

肘と胸はおもいっきり張っています。

ここから腹を折り曲げるように猫背にし腕を垂直に上げ収縮させます。


この時、腕が前にいかないように注意。


肩も高重量扱っているわりにふつうの肩の人、または脂肪で膨らんだ

ような立体感の無いメリハリの無い肩の人が多いですからしっかり

動かして収縮と伸展を的確に行う事です。











パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

carenagata

Author:carenagata
代表・長田哲也
  tetsuya nagata
 
カイロプラクター
 (元カイロプラクティック専門校講師)
  スポーツ整体師
  物療技術士
  パーソナルトレーナー

トレーニング歴33年
ボディビル選手権
鳥取優勝
山陰優勝
日米岩国優勝
中国5県優勝
中四国優勝

【パーソナルトレーニング】
運動経験の無い方や筋トレ初心者からボディビル、フィジークの日本トップ選手、全国各地のプロトレーナーはもとよりゴールドジムトレーナー、ゴールドジム公認パーソナルトレーナー、大手スポーツクラブヘッドトレーナーまで延べ2万人を指導。

パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



所在地
鳥取県倉吉市八屋195-10

予約専用電話番号
(0858)26-3125
※非通知は繋がりません

電話受付は午前8時~午後6時

営業時間
(平日)
9時~19時
(土・日・祝)
9時~23時

時間外でもご予約可能です

※完全予約制

【施術】
スポーツ選手のコンディショニングからご年配の方に至るまで様々な症状に幅広く対応します。
腰痛、肩こり、頭痛、疲労、不快な症状、痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。

症例は⇒こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR