fc2ブログ

筋肉をつける






胸の種目で胸ではなく肩や腕を使ってしまう事が

多くありす。

先に腕が疲れるとか肩が痛くなるとか。


背中の種目でも腕と肩を使って種目をこなしてしまう事

が多くあります。

背中は効かない、腕が先に疲れる。


ならば、肩と腕が発達してもよさそうなものなのに何故筋肉

がつかないのでしょうか?


これは初心者の方から聞かれた疑問。

なるほど。

確かに下手な人は肩や腕を使って種目をこなしていますよね。

でも筋肉はつていない。


これは対象筋が動かせていないからです。

動かせていないので効いてはいません。

腕や肩が疲労困憊になってもこれは無駄疲れに

終わっているだけです。


運搬になっているだけなのですね。

荷物運んで腕が疲労困憊になるのに似ています。


腕の種目でも筋肉そのものは当然使っています。

筋肉使わないと体は動きませんから。


それなりの重さ、それなりの回数こなせば腕は

疲れるはずです。

でも筋肉モリモリの腕にはなりませんよね。

負荷逃がしているからです。


ターゲットに負荷をかける。

逃がさない、そのままコントロールしてストレッチと収縮。


これが成立しないと思っているような筋肉はつきません。


胸トレで肩を使ったからといって丸みのある肩は作られませんよね。


そもそも肩の種目をやったからといって肩が丸々と発達する

わけではないので。


ヘビーにサイドレイズとかやっている人多いですが全然肩に

筋肉ついていない。

逃がしているんですね。


まず負荷乗せて逃がさないように対象筋を動かすとけっこう

変わっていくものです。

丁寧にゆっくりとかチーティングを使わないとかではなく。


動かし方を理解すればチーティングもパーシャルも取り入れた

ほうが効果的です。






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



<長田ケアセンター>
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

carenagata

Author:carenagata
代表・長田哲也
  tetsuya nagata
 
カイロプラクター
 (元カイロプラクティック専門校講師)
  スポーツ整体師
  物療技術士
  パーソナルトレーナー

トレーニング歴33年
ボディビル選手権
鳥取優勝
山陰優勝
日米岩国優勝
中国5県優勝
中四国優勝

【パーソナルトレーニング】
運動経験の無い方や筋トレ初心者からボディビル、フィジークの日本トップ選手、全国各地のプロトレーナーはもとよりゴールドジムトレーナー、ゴールドジム公認パーソナルトレーナー、大手スポーツクラブヘッドトレーナーまで延べ2万人を指導。

パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



所在地
鳥取県倉吉市八屋195-10

予約専用電話番号
(0858)26-3125
※非通知は繋がりません

電話受付は午前8時~午後6時

営業時間
(平日)
9時~19時
(土・日・祝)
9時~23時

時間外でもご予約可能です

※完全予約制

【施術】
スポーツ選手のコンディショニングからご年配の方に至るまで様々な症状に幅広く対応します。
腰痛、肩こり、頭痛、疲労、不快な症状、痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。

症例は⇒こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR