fc2ブログ

鳥取だらずプロレス








今日はパープルタウンにて鳥取だらずプロレス

を観戦!



夏祭りでは昨年一昨年と観に行きましたが

パープルタウンでは今回が初観戦。


といっても仕事の合間に行ったので観戦時間は

僅か30分ほど



会場着いたら、

「リング調整の為、10分の休憩に入ります」

とアナウンスがあり、

既に2試合目が終わっておりました。



第2試合の

ヨウスケ、因幡のバッファロー、棚ボタ弘至、VS 

矢野俊治、山口謙吾、木谷康祐


この試合が観たかったので残念。


第3試合のみ観ましたが、クオリティの高い試合。

白熱した内容で見ごたえ十分でした!







さて今日も自主トレオフですが東京のスポクラで

パーソナルトレーナーをされている方とトレーニング!


毎回面白いくらい効くそうで、上手くコントロールできて

いるようで、見てもおいしいことろを逃がしていないので

この1年弱で二回りくらいデカくなっています。


今回はさらに精度と強度を上げバリエーションも増やし

内容濃いトレーニングが出来たのではないかと思います





プロレスラーのバッファロー選手とトレーニング!


一つ一つ細かくチェックしながら実践。


徹底して筋肉を動かすフォームに拘り重量軽いですが

動かせる限界重量までもっていきます。


バルクアップ狙いなので無駄なく対象筋に刺激を与えます。


どの部位もこれまでのトレでは経験ないほど効いたそうで

非常に上手く動かせています。


今回も効く刺激に大技食らったかのような悶絶状態が

続きましたが楽しいトレーニングとなりました










バッファロータオル!
ありがとうございます

moblog_7d7ec804.jpg










パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>
スポンサーサイト



今日も








暑い一日でした





自主トレオフですが何だかんだでトレーニングは

やっております。


奈良からお越しの方とトレーニング!


トレを初めて間もない初心者だった1年半前に

1回来られ順調だったそうですが、諸事情により

トレーニング休止。


今年に入ってトレを再開したそうで。


基本的な筋肉を動かすということは変わりないのですが

1年半前とはやり方変えてます。


これは自分自身での経験や指導の数をこなしていくと、

いろいろ改良点が見えてくるものです。

こうすればもっと負荷が乗るとか。

この癖のある人にはこのやり方とか。


より効くように、より厳しい内容で!



ただ扱うウエイトが見た目軽いだけ。



さて、今回も負荷の乗せ方から伸展練習、収縮練習

を一つ一つ確実に決めていきます。


収縮ありのストレッチ。

ほんとにストレッチを重視すると肩や三頭がデ

カくなります。

負荷を逃がさない事ですね。

筋肉が破裂するんじゃないかと心配になるくらい。





その辺りを今回は徹底して行い。


1セットで撃沈続きでしたが。


負荷抜けの癖が多々あるので修正。


胸を含め良いフォームに見えても負荷が抜けていると

いうのが体感しながら理解できたそうです。



個々の練習や進め方、組み方など前回とは全く内容が

変わっていて、ここまでキツいとは想像していなかった

そうですが、上手くコントロール出来るようになったので

変化も早いのではないかと思います









パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

夏?








もう夏になってしまったような暑さでしたね

まあ夏はこんなもんじゃないでしょうけど。

鳥取は29度まで気温が上がったとか。



駅から歩いて来られ

汗だくになりながら

「鳥取暑いですね~!」と言われていましたが

たまたま今日が暑い日なだけで、全国的に気温が

高かったみたいですね(^^)



そんな暑い中でもトレーニング!


高重量で怪我の繰り返しで、

重量増やしていかないと筋肥大は起きないとの

思いから無理しながらでもやっていたそうですが

身体は思ったほどの変化はないのだそうです。


見ると全く負荷を乗せておらず逃がして抜いての

動きです。


筋肉の動き、コントロールを考えずに上げられるだけ

上げてやってしまうので、重量増えているのに頑張って

いるのに筋肉付かないという典型的なケースに陥って

いたようです。


目的は筋肥大なので関節などに無駄な負担をかけず

対象筋のみに強い刺激を与えて、そこからさらに強度を

増していきます。


上げ下げのキツさばかりで効くキツさを経験した事が

ないようでちょっと効いてしまうと続かなくなりますが、

徐々に強くしていく事で大きな変化へと繋がります












パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

中身を濃く!








自主トレオフですが大阪の方、

そして千葉のスポクラトレーナー

とトレーニング!


上手く動かせているので効く刺激に「もう、お腹いっぱい」

と言われながらも続行



スポクラのトレーナーさんはここではベテランで順調に

筋成長し、強くなっているので種目に変化を加えてさらに

効く刺激を倍増させます。



大筋群にもいえる事ですが、特に肩や腕のような小さな

筋肉は負荷を的確に受けて分散させず、逃がさないように

動かさないとなかなか大きくならないと思います。


重いウエイトを扱かっている割に細い人多いので。


上げ下げできる重量ではなく、コントロールできる

最大重量までもっていきます。


その辺を今回は徹底的に


狙うはバルクアップなので表面上のキツさではなく

中身を濃くしていきます。
















パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>




施術を受けられた方から

「その体、維持するの大変でしょ?」

と言われましたが、随分前にも言いましたが、維持させる

なんて考えはなく、ちょっとずつでも向上させようと常に

思っています(^^)




さて、

昨日のハム、トータル8セットやったのですが

筋肉痛というか何か張りついている感じ。


バックエクステンションは5~8キロのダンベル

持ってやります。


潰れたら自重です。


スティッフデッドは膝上までなので、ヘビーに14キロ。


そのままダックスクワットをやろうと目論んで

いたのですがハムで支えきれず断念





今日はトレ歴1年半の方と筋トレ!


これまで以上に焼けるような痛みが対象筋に

入ったそうで上手く動かせています。


肩はバックプレス、そしてフロントプレスをパーシャルレンジで、

そしてアップライトロウ。


アップライトなら引き上げようとはせず、三角筋が首

に近づかないよう、むしろ離れていくくらいの感じで

肘が横に伸びていくイメージで動かすと三角筋に

乗せやすくなります。


デカくなってきているので強度を上げて行います!





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日は








自主トレオフでしたが石川からお越しの

ホームトレーニーと筋トレ!


対象筋に刺激が入るようしっかり筋肉を動かします。




そして大阪からお越しのトレ歴2年の方とガチトレ!


トレ歴は浅いですが1年前から月1で来られているので

ガンガンやっちゃいます。


ビルダーでも心折れると言われるくらいの内容で

やっているので二回り以上デカくなっている感じ。


乗せたまま逃がさない、動かすのが上手いので

順調に筋成長!


ハムは2種目ですが最後まで出来る強さ。


セット直後は何かに掴まらないと立っていられない

状態になります。


部位によっては新たに収縮練習を加えて精度を

高めます。


雑になると疲れるだけの無駄トレになるので、ここは

徹底して確実に動かしていきます。




トレーニングも知れば知るほど奥が深く、身体も

みるみる変わっていくのが分かるので楽しくて

しょうがないのだそうです!


段階的に強度を上げバリエーション加え内容濃く

やっていきます。







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日は









自主トレオフでしたが二頭筋がけっこうな

筋肉痛。


シーテッドカールとダンベルカールとバーベルカールを

いろいろ組み合わせてやってるだけですが。



そして東京からお越しのトレ歴1年の方と筋トレを!


狙った部位に刺激が入るように動かします。


キツくなると、ついつい無意識に逃がして上げ下げ

に移行してしまうケースが多いので。


変わるか変わらないかはここの差。


無駄なく的確にですね。


一番おいしいところを外さないようにストレッチ

ポイント、収縮ポイント、そしてコントロールの練習

を繰り返し非常に上手く行えました









パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日の







自主トレは腕と肩。


肩はプレス系3種目。

マシンプレス 4セット

バックプレス 4セット

ダンベルショルダープレス 4セット




そして小島よしおさんともハードに筋トレ!


順調に筋肉が育っているのでさらに内容厳しく。


逃がしているポイントを修正。


基本を徹底してからバリエーションを加えます。



最後までブレずに動かせています。


楽しくハードに行えました







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

すし 誠十郎




自主トレオフですが千葉からお越しの加圧トレーナー

をされている方と筋トレ!



moblog_99619ee2.jpg



7ヶ月前に来られていますが強度を上げずにマイルド

なままトレーニングをされていたようですが一回り以上

デカくなっていてちょっとびっくり。


何か運動してるのかな・・って感じの身体だったのに

マッチョになってた


ご本人も「肩と腕がかなりサイズアップしました」と!


ただ、重量があまりに軽すぎていたようですが、

動かし上手といいましょうか狙った部位を外さず

コントロールできているので筋肥大したと思われ。


トレーニングセンスがめちゃくちゃ良い。

これも一つの素質でしょうか!?


軽いという意識はさらさら無く、毎回効く痛みもあり

バーンしてたそうですが、さらにバルクアップを狙うには

段階追って強度を上げて行う必要があります。



今回はその辺を重点的にやり刺激が倍増したそうで。


重量だけ聞くと軽いですがストレッチと収縮、コントロール

出来る最大重量までもっていきます。

焼ける痛みに耐えながら・・・


非常に楽しく行えました(^^)




そして

夕方はお笑い芸人の小島よしおさんと”すし 誠十郎”へ

moblog_308759f0.jpg

いつも行くのは回転すしなので、

回らないお寿司屋さんは20年?ぶりかも


コースで頂いたので、すし以外の料理も。

moblog_34fe633e.jpg

どれもめちゃめちゃ美味しくて至福の時でした

ごちそうさまでした




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日も




自主トレオフでしたが兵庫からお越しのトレ歴23年、

体重94キロのバルキートレーニーと筋トレ!



moblog_1c5043a0.jpg



ゴツくて筋肉隆々。


何度もやっているので強度を上げて行います。


バリエーションを加え精度を高めて筋肉を確実に

動かします。


姿勢から一つ一つの動きを確認してから胸や腕

を一緒に。


多少逃がしてしまうポイントを徹底修正。

最後までブレずに行います。


効き過ぎてこれまでで一番のキツさだったとか。


これでまた腕が太くなりそうだと!



中身の濃いトレーニングが出来ました


moblog_f4090504.jpg




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

趣味









施術を受けに来られた女性が時間帯は違いますが

同じスポセンに行っていたと判明。


しかし2ヶ月も経もやらないうちに行かなくなってまったとか。


「何年も続けてるんでしょ?凄いですねぇ」

と言われましたが、

いや、趣味ですから


筋トレは楽しめる趣味





さて、今日はトレ歴10年の方と筋トレ!


1年前が初でしたがかなり身体も変わったので

バリエーションを増やして何パターンか作ります。

基本が徹底出来ていれば効果大なので。


腕、肩、背中がこれまでの比ではないくらいの刺激が

来たそうで上手くコントロールできています。


最後までコントロール出来るのが大きく変わった

要因です











パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

上腕三頭筋










東京からトレ歴3年の方とトレーニング!


今年のフィジークデビューに向けて

「現在はゴールドジムでトレーナーを付けてトレーニングしていますが重量は増えてきましたが、体に思ったとおりの変化が見られず最近悩んでいる状況です。
筋肉に効かしてトレーニングしているつもりですがブログに書かれているような筋肉の焼付く痛みというのは体験した事がなく、おそらくあまり効いていないんだろうなと思います」

との事でしたが見ると確かに効いていない


フォームはそれ程悪くはないのですが対象筋に

全く乗っていません。


癖を直しながら一つ一つ練習していきフォームの完成。

非常にのみ込み早く上手くコントロールできます。

効かないどころか効き過ぎる痛みが凄いのだそうで。


楽しいトレーニングとなりました(^^)







さて、

上腕三頭筋を太くするには伸展で筋腹にテンションかかった

状態に必ずもっていく事です。


次もすごく大事なのですがトップにいくときに乗せた負荷を

逃がさないように収縮させますが、挙げる事しか頭に

なければ必ず抜けます。


挙げるキツさに惑わされて抜けているのに気付かず、

重量増えているのに全然変わらないという残念な状況に

なる可能性があります。


チーティングを使わないとか丁寧な動きがコントロールではなく

逃がさない軌道に自分から持っていくのがコントロールです。


ライイングエクステンションもトップから負荷を乗せていき

ボトムからその負荷を抜かないよう、つまり一番キツい軌道

でトップでギューと収縮させます。

腕が垂直だと抜けるので斜めのまま。


どの種目でもこの動きが出来れば極細な腕でも丸みのある

三頭筋が作られます。





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

6日ぶりの











自主トレは上腕二頭筋以外の部位。

ほぼ全身。

各部位1種目。

1種目でパンパンに破裂しそうになるまで。



そして大手フィットネスクラブのパーソナルトレーナー

と高強度トレーニング!


全身バランス良くですが特に腕と肩をデカくしたい一心で

この半年間で段階追って強度を上げていき。


確実に変わっていくのが実感できると言われ。

確かにデカくなっています。


使用する重量は増えているのに思ったほど変わらなかった

のは筋肉が使えていなく運搬だけをしていた事がよく理解

できたそうです。


実際教科書的なフォームは出来ていましたが全く筋肉

が動かせていなかったので。



重量は高重量時の半分以下ですが対象筋に対する強度は

尋常ではないのでこれまでハードにやっていると思っていた

ものが生ぬるいものだと感じるはずです。


姿勢の作り方、負荷の乗せ方など確認し肩腕をガチで。



ダンベルだとMAXで12キロですが重量だけ聞くと

軽いので楽ちんに思われますが、対象筋に負荷を

かけて確実に動かすわけですから、キツさはハンパ

なく。


効かせる事が出来ていてもキツさを感じると無意識に

抜けてしまう事が多いのですが、自分からここだという

ポイントで筋肉を動かし、一番おいしいところまで

コントロール出来るので大きく変化するのですね。











パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

負荷を乗せてコントロール



今日も自主トレはオフでしたが香川からお越しの

トレ歴3年の方と高強度トレーニング!


1ヶ月前に来られているので復習、応用など。


既に胸の厚みが増して身体が変わってきたそうで。


これまで負荷を乗せる事が全く出来ていなかっただけなので、

狙った部位に負荷を乗せて、逃がさない軌道でコントロール

しながら動かす事が出来ると確実に身体は変わります。


6割程度は出来ているので筋肉付いて変わって

きてはいますがコントロールが後半出来ていない。


刺激が入ってキツくなると伸展も収縮も甘くなります。


無意識に抜いてしまい中途半端な上げ下げだけになります。


何度も言っていますがやっている本人はキツいので抜けて

上げ下げだけになっている自覚はありません。


その辺を個々に修正して抜かない練習です。


目的は筋肥大なのでここは徹底していくところです。


疲れ損にならない為にも。


大きく変化している人はここが確実に出来てます。


どの部位も上手くコントロール出来るようになり効きが

倍増したそうです




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

上腕三頭筋








自主トレは週1回~3回ですが、どこかしら筋肉痛。

セッションで交互にガチでやる事も多いので。

今はハムが痛い


そんな中、トレ歴10年の現役ビルダーと高強度トレーニング!


ハム。

バックエクステンション

スティッフデッド


筋肉痛があっても気にせず同じ部位でもやってしまいます。

スティッフデッドはフォームを変えてから効きがより強くなり。

ダンベルが膝か膝上くらいで止めて収縮です。


痛過ぎてやってはいけない種目だと冗談言われ





経験と数をこなしていくと、こうしたほうが良いとか

見えてきますから、1年前、2年前よりフォームを

改善させています。


より負荷が乗る、よりピンポイントに刺激がヒット

するようにもっていく結果のフォームですね。


三頭筋はリバースディップス

ナロープッシュ

ライイングエクステンシュン

ナロープレスで潰します。


またこれに別バージョンでワンハンドフレンチプレス

キックバックをやります。


ナロープッシュアップはベンチに手をついてやります。

床なら1レップも出来ないトレーニーが多いので。


そういえば先日来られた方、家で床で試しにやってみたら

10回余裕で出来てしまい三頭筋に効いた感じがしないので、

リュックにプレート入れてそれを背負いやっていたそうで。


強いのではなく見ると負荷を乗せていないだけでした


床でやってもらうも、もちろん1レップも出来ず、ベンチでも

数レップで撃沈。

こんなに三頭筋に効くとは!と言われていましたが。




現役ビルダーは負荷を乗せたまま3レップ出来ます!

これではちょっと低レップなのでそのままベンチに手をついて

やります。

過去一番効いたそうで。


ただこれがベストというものではなく。


基本が徹底できていれば引出多いほうが

刺激も変わり筋肉の成長に繋がります






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

バルクアップ







今日の自主トレは背中、腕。


そして東京からお越しのトレ歴8年の方と

高強度トレーニング!


何度かやっているので種目、バリエーションを増やし。


負荷を乗せたら逃がさず動かす。


乗せる練習、収縮ポイント、伸展ポイント、そこにもっていく

軌道。


強度を上げても一番おいしいことろへ誘導させています。

筋肉の焼ける痛みはハンパないですが。


これが出来るか出来ないかが、変わるか

変わらないかの分かれ道。


これが上手く出来ているので見違えるほど

バルクアップして。


7年やってほとんど変化の無かった身体が1年弱で

筋肉隆々。


着れなくなったりピチピチになった服もあるとか。


使用重量は一番重く扱っていた時期の半分から4分の1。


筋肉の動きを理解しないまま重量増やしていく事で下手な

トレーニングがさらに下手になり、目的であった筋肥大を

阻止していた典型的なケース。


周りを見れば分かるように一番多いケースです。


ただ、ゴールドでパーソナルをつけてやっていたそうなので

力任せのようなよく見る酷いものではなく、フォームは

教科書的でしたがやはり上げ下げだけになっていました。



身体が大きく変わった事で7年で気付いて

良かったと言われ。



勘違いされそいうですが、

軽くすれば良いというわけではなく。


軽いなんて感じながらやっていれば筋肥大としての

効果はゼロ。


結局、筋肉をポンプのように動かすから効果が現れる

のであって教科書的なフォームでやったからといって

出来るものではなく。



一番ダメなのは関節で受けて力で上げる。

使用重量増えても筋肉付かない人のトレーニングです。

力み全開、逃がし全開なのですね。

運搬トレーニング。

上げ下げするキツさだけで終わります。

効くキツさを知らないまま終わります。



筋肥大が目的なら、筋腹で受けとめ、負荷を

逃がさないようにコントロールして収縮。


この動きを理解し、実際出来る事を大前提に強度を

上げていく事で大きな変化に繋がります









パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

強度を上げて!









朝食後のモーニングで1日のスタート

moblog_c2e9d52e.jpg





施術を受けに来られた50代女性の方から

ストレス溜まって大変・・みたいな話になって


「いつも元気ですよねぇ、ストレス無さそうで」

と言われ(^_^;)


自由にやっているので(^^)






さて、

今日は自主トレオフですが大阪から来られたトレ歴2年の

方と高強度トレーニング!


moblog_ab1593b4.jpg


逃がし癖、軌道修正、そして強度の上げ方。


体重が64キロから72キロ、腕も5センチ以上太くなり

筋肉付いてきてはいるんですが、ちょっとトレーニング

が甘い。


もっと短期間で大きく変化するために逃がし癖を徹底修正し

強度を上げ今後やってもらうメニューを課して!









1日の摂取カロリーを聞かれる事がありますが日によって

全然違いまして。


多い日は朝食と喫茶モーニング、

昼食(食後にケーキとコーヒー)、

間食(主にミッスクサンドとコーヒ)、

夕食、

夜食、

スイーツ(ケーキ、チョコ、饅頭など)




という事で今日は間食に

moblog_e05bb5be.jpg




夕食

moblog_022c7957.jpg

moblog_06b00d15.jpg


moblog_f22f0090.jpg

moblog_d0d5491b.jpg

moblog_b6354a27.jpg

moblog_49722366.jpg

moblog_35018efb.jpg





温泉に行った後は
夜食とスイーツ

moblog_d4cb78ad.jpg

moblog_810bbe3a.jpg


moblog_1d14150f.jpg

moblog_d24f3b59.jpg










パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

アウトライン







久々の2日連続での自主トレは背中と肩。


背中は伸展で伸ばすのではなく負荷を乗せる、

確実に出来ていれば脇の伸ばされた感ではなく

乗っかり感があるはず。


後は肩下げて広背筋の収縮で動かす。


この時、腹出して尻は後ろに突出して。


骨盤の位置ですね。

前傾とか後傾とかではなく。


これでかっこいい背中が作られるのです。


後は肩、三頭筋があれば背面は完璧。


自分では前しか見えませんが、他人から

一番見られるのは後ろ姿ですからね。


上半身ばかり鍛えて下半身をやらない人多いですが

後ろから見た時のヒップからハムにかけてのラインが

上半身を惹きたたせるわけで。



今日は千葉からお越しのフィジーカーとその辺りを

ふまえて高強度トレーニング!


今年に入って体重が5キロ増えたそうですが、明らかに

筋肥大しているので減量開始までもっと増やしたほうが

良いでしょう。


基礎を確認しバリーエーションを入れて対象筋に

刺激をヒットさせます。


これまでで一番効いたそうで!


これが徹底できれば短期間でさらなる

筋肥大が可能です








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

太い腕を作る








太い腕作りには上腕三頭筋のバルクアップが必須ですが

やはり盛り上がった二頭筋も必要です。



画像の方、上腕囲45センチですが20キロ以上のバーベルで

カールをやった事がない、というか20キロが限界ウエイト。

ちなみにダンベルは8キロ。

マシンは一切使用せず。

moblog_457c97e9.jpg



筋肉の使い方、動かし方が非常に上手いのです。


20キロが悶絶状態で効く痛みに耐えながらやっています。


筋肥大が目的なので、どれだけ強い刺激をピンポイント

に与えるか。


その限界で行います。

テンポはリズミカルに。


拷問のようだと


上げ下げする事なんで考えず二頭筋から負荷を

一切逃がさず動かします。



二頭筋のバルクアップに効果的なシーテッドバーベルカール

moblog_611fe2a6.jpg




moblog_b9549244.jpg









パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

8日ぶりの








自主トレは脚と胸。



そして東京からお越しの大手フィットネスクラブで

パーソナルトレーナーをされている方と高強度

トレーニング!


負荷を抜く癖があると表現していますが、これは当たり前

なんですね。


人間、負荷を抜く機能しかないから。

教科書的なフォームでやっても同じです。


キツく感じたりウエイトが重くなればなるほど楽な軌道に走り

そのウエイトを動かすだけの目的に変わり。


これは無意識に起こるものです。


やっている本人はキツいので抜けているとか楽な軌道を

走っているという自覚はありません。


限界まで厳しいトレーニングをやっているのに変わらない

という現象が起こるのですね。


その辺の事が実際やってみるとよく理解出来たそうで

効く刺激に驚かれていましたが楽しいそうで



普段はドロップセットやトライセットを多様し、キツさに耐える

強さには自信があったそうですが、効くキツさはほとんど経験

した事がないのでいつもやっている半分以下の重量でさえ

数レップで撃沈です


バーンした痛みが嬉しいそうで


関節に優しく狙った部位に厳しいトレーニングなのです








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日も





自主トレオフですが東京からお越しのトレ歴2年の方と

高強度トレーニング!



1年半トレーニングして使用重量増えているのに筋肉量

が増えた感じはなく、ジムのトレーナーに相談したらこの

ブログの事を聞いたそうです。


自分のトレーニングが重さに拘って負荷を逃がして重くしていた

だけだと分かりブログを参考に行ったところ短期間で体が変わり

二ヶ月で腕が2センチ太くなったそうで。


もっと確実に筋肉を動かせれば大きく変わるのではという

事で来られました。


身体が短期間で変わっただけあって、ある程度の負荷を

乗せて動かす事が出来ています。

10でいえば1くらいか!?


伸展と収縮を個々に練習してコントロールして繋げます。

これでフォームの出来上がり。


後は抜けないよう逃がさないようにこれまたコントロール練習。


これまでの何倍もの効く刺激が対象筋に入ったそうで

すぐにオールアウト。


肩は出来ている自信があったそうですがバックプレス10キロ

サイドレイズ0.5キロで肩がパンパンに張って痛くなり後に

続かない。


非常にのみ込み早く上手く動かせています。


そのまま強度を上げていけば大きな変化が期待

出来きます





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

トレーニングが上手ければ軽い重量でも筋肥大する


本日も自主トレオフですが京都からお越しのトレ歴27年

のベテラントレーニーと高強度トレーニング!


20年前、当時東京に住んでいた時に1度だけボディビル

大会に出場した事があるのだそうです。


効かせ方がよく分からないとの事でしたが、逃がし癖があり

乗せるポイントを外して楽に上げ下げする動きが身に付いて

しまっているようです。


長年の癖で直すのは簡単ではないので何度も練習です。


一番おいしいところで逃がしてしまうので上げ下げのキツさで

効く刺激が半減します。


その辺の練習も。


筋肉を動かす為のフォームが理解できたそうで、何とか上手く

出来るようになったので、逃がさず動かす意識を常に持って

コントロールさせればかなり変わっていくのではないでしょうか!



そして香川からお越しのトレ歴4年のホームトレーニー

と高強度トレーニング!


久しぶりで前回まだ1度しかやっていないのですが

かなり身体は変化したそうです。

服がピチピチで着れなくなったり、腕肩胸には

全く見えなかった血管が浮くようになったそうです。

前回はトレ経験無いような普通の身体でしたが、確かに

肩、背中、腕、胸の盛り上がりがシャツの上からでも

分かります。

しかしこれまで強度を上げていないようで優しいバーションで

やっているのみ。

扱う重量も軽すぎ。

ベントロウ8キロとか。

他も5キロ~1キロでやっていたとか。

軽ければ良いというものではなく。

それでも結構筋肉付いてバルクアップしているので

以前も同じような方がいましたがトレーニングが上手いと

ここまで軽くても筋肉付くんだなと思った次第です。



世間のトレーニー、ヘビーウエイトでも全然変わらない

人が多いというのに


ただもっとバルクアップを狙うなら筋肉が動かせる

限界ウエイト、そして強度を最大限上げて行う必要

があります。


今回はその辺をふまえて強度の上げ方、精度の

高め方を徹底して行いました。


トレーニングセンスが抜群に良くちょっとの修正で

強度を上げても狙った部位に上手くヒットさせています。


筋肉付く人の特徴的な動きであるコントロールがかなり

上手い。


高重量でやっても筋肉つかない人は筋発達を阻止する

外す抜く逃がす機能が満載なのです。


ヒトは効く刺激に対する免疫が出来ていないので無意識に

外してしまうケースが多い中、コントロールで乗せる。


重いものを楽に動かそうとするのが荷物運び。

筋肉つける為の筋トレはその逆。


自らキツいポイントに運ぶ。

対象筋に負荷を乗せ逃さないように収縮と伸展。


筋肉が崩壊したそうで


非常に上手く行えているので今後が楽しみです!



パーソナルを受けられた方から後日感想メールを
頂く事がよくあるのですが、今回は本日頂いたメール
をご紹介。


「前回、受講した際も初めての刺激に感動しましたが、今回はさらに刺激が強く、効きすぎて自分の体の輪郭が分からなくなりそうでした!
とにかく、とても楽しく今回もあっという間でした。
筋肉の焼付く感覚が、教えて頂いた全ての部位で感じられ、嬉しかったです。
特に三頭筋があんなに効いたのは初めてでした!
しっかり復習し、次回ご指導いただく際にステップアップできるよう、筋肉を育てていきます。
またご指導よろしくお願いいたします。
ありがとうございました」



ありがとうごさいます



パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

高強度トレーニング!



今日も自主トレはオフですが埼玉からお越しの

加圧ジムで加圧トレーナーをされている方と

高強度トレーニング!



特に胸、背中、二頭筋の効かせ方が分からなく、

思うように筋肉が付かないとの事でしたが、教科書的

なフォームで見た目悪くはないのですが、おもいっきり

負荷が抜けています。


どこがどう抜けているのかを説明して、一つ一つ修正

して筋肉を動かすフォームを作っていきます。


伸展は負荷を乗せる、収縮は筋肉の強調なので

徹底して練習。


乗せたままの軌道で収縮させるコントロール練習。


ここが一番重要。

頭では分かっていてもキツくなると抜けるので。


挙げるキツさだけで終わってしまう筋肉付かないパターンに

陥らないように筋肉を動かします。



胸も背中も初めて焼ける痛みがきたそうで。


二頭筋も典型的な抜けフォームです。


細い腕で50キロのバーベルカール、20キロの

ダンベルカールをやっている人が必ずやるであろう

フォームです。


これでは重さのキツさだけで終わります。

これも動かし方とコントロールを練習。


二頭筋も効く痛みに悶絶し。


経験のない刺激に驚かれたようで

これは凄いと。



効かせてやってます!・・なんてよく聞きますが

効かせるとはそんな甘いものではなく。


肩は効かせられてやっていたと思っていたそうですが

その肩が一番耐えられず。

1キロでさえ効く刺激に絶叫し。


効く刺激を求めていたのに、効かせるとこんなにキツいもの

だとは想像していなかったそうです(^_^;)

心が折れそうだと。


7キロ~12キロのバーベルと1キロ~3キロのダンベル

が限界重量。


こんなにパンパンになった事がないほどバーン

したそうで。


「キツいけど絶対筋肉つきそうなのでこれからの

トレーニングが楽しみになりました」

と言われ。


ブレる事なく徐々に強度を上げてバルクアップして

頂きたいものです



そして大阪からお越しのトレ歴2年のホームトレーニー

と高強度トレーニング!



moblog_cf3a8316.jpg


ジム経験はなく自宅のみのトレーニング。


キャリアは浅いですが何度か来られ順調に筋肉が

成長しているので、強度を上げて行います。


負荷を逃がさない軌道を自らもっていく。

その軌道で伸展、そして収縮。

これがコントロールです。


これが出来れば確実に筋肥大します。


種目、バリーションを増やし。


何度も確認しながら練習。


強度を上げて”乗せる逃がさない動かす”が上手く

出来ています。


内容濃いトレーニングが出来ました!



パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

腕を太く



自主トレオフが続いておりますが東京からお越しの

トレ歴25年の方と高強度トレーニング!



moblog_e9d57f2b.jpg



力む癖があり、これが筋肥大を阻止します。


力みがあると対象筋に負荷を乗せる事ができないので

全てが台無し。


要らないところまでガチガチに力が入ってしまい

疲れるだけのトレーニングになってしまいます。


直そうにも長年の癖なので、最初は簡単にはいかなかった

のですがコツが掴めたようで急に上手くできるようになり。


力みが無くなれば負荷を乗せるのは簡単です。


背中や他の部位も力み癖がなくなり、一つ一つ動かし方を

練習して上手くピンポントに刺激が入っています。


まずは自重で行うのですが、種目によっては自重だけで

これまでのトレーニングで経験した事のない刺激がくる

そうで、背中は側面の伸ばされている感じしか無かった

ものが内側まで強烈に効いたそうで!


そこから数キロ程度のウエイトを持つので大変な事に

なってしまうのです。


後は逃がさないように最後までコントロールさせます。


効く刺激が強すぎるそうで「痛い痛い」の連呼です


非常に上手く出来ているので、徐々に強度を上げていけば

短期間で大きく改善できます!



さて、

腕を太くするには三頭筋をどれだけボリュームアップ

させられるか。


最近はリバースディップスの後にナロープッシュアップ

をやるのがお気に入り。


三頭筋が破裂するかもってくらいの刺激が襲うので

腕を太くするには最適。


もちろん負荷をピンポイントに乗せてコントロールして

動かす事が大前提。


これで三頭を撃沈させてからライイングエクステンションと

ナロープレスを。



パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

筋肉を動かしてバルクアップ








本日も自主トレオフでしたが福岡からお越しの

トレ歴30年の方と高強度トレーニング!


何度かやっているので、今回はより精度を上げて。

背中、三頭筋、大胸筋・・・

かつてない刺激が入ったそうです。


その刺激に耐えられない場面が多々ありましたが。


充実のトレーニングが出来たそうです








そしてトレ歴1年5ヶ月の方とも高強度トレーニング!


トレ歴ゼロの時からお越し頂いているので、その辺の

ビルダーに負けないくらいの強度で行います。


moblog_af5d86d8.jpg


moblog_ef1090da.jpg



血管が浮くようになり、体重が10キロ増量して腕の太さは

42センチとか!


腕を触ってみましたが両手で指が周らない。


初心者とは思えないバルクで背中や肩もゴツい。


屈強なベテランでもその強度の高さに驚かれますが、

1年半のトレ経験で未だ40キロ以上のバーベル、

15キロ以上のダンベルを持ったことがない。


というか扱えない。

でも筋肉隆々。


こういう人を見ると、”筋肉を動かしたもん勝ち”と

改めて思います。


筋肥大の邪魔をする抜き癖、逃がし癖がないのが

大幅にバルクアップした要因。



今後さらにバルクアップさせる為、バリエーションも加え

厳しい内容を課して!





もしも、

扱う重量増えているのに身体変わらなければ、

それは筋肉が動かせていないだけ。


荷物運びをしているだけ。


自分はハードゲイナーとか言っている人、単にトレーニング

が下手なだけのケースも多く。




教科書的なフォームを見て真似るのではなく、

重要なのは筋肉を動かす為のフォーム。


バルクアップが目的なので関節には一切負担をかけず

対象筋のみ破裂しそうな刺激を与えます。










パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

新年度








新年度のスタートですが特に何が変わるわけでもなく(^_^;)


一人で自由にやっていると月や曜日の感覚がなくなりす。

月曜日も土曜日も感覚は一緒。


会社勤めの人は金曜の夜はウキウキ!

日曜の夕方はサザエさん症候群・・・・


こういうのよく聞きますが、そういうのが一切ないので

自由に好きな事やっているのが一番です。


好きな事は筋トレ。

10代からやっているので長く続いている趣味。



嫌いな事やストレスに感じる事は全く続かない性格

なので0か100です。


優柔不断というものが体の中に備わっていないのか

思い立ったら即行動、迷う(悩む)なら答えは行動

あるのみです。


断るものはスパッと断る。

またその逆も。


要らない物、やりたくない事、行きたくない場所、会いたくない人、

興味ないもの・・・・


これらに選択として悩む余地はないですからね。


迷う(悩む)なら答えはYES(行動)しかないと思っているので。







さて、今日は自主トレオフですが大阪から毎月

お越し頂いているトレ歴2年の方と高強度トレーニング!


筋肉を自由自在にコントロール出来るので短期間で

二回り以上のバルクアップを遂げ。


今日も引出を増やし中身の濃いトレーニングが出来たのでは

ないかと(^^)








そして神奈川からお越しのライザップでパーソナルトレーナー

をされている方と高強度トレーニング!


moblog_197d8037.jpg


使用する重量は順調に増えているのに筋肉が付かなくて

悩んでいるのだそうですが、見てみると逃がす乗せない

動かさないのオンパレードです。


これでは筋肉付かないのは当然でして、スポーツセンター

などで見る一番多いケースです。


負荷をピンポイントに乗せ、その負荷を逃がさず筋肉を

動かす機能は人間に備わっていないので、それらを理解

する必要があります。


チーティングを使うとかストリクトとかゆっくりとか早くとかの

低次元の話ではなく。


早速一つ一つ練習です。


重たいウエイトを上げ下げするキツさのみしかなかったそうで、

効かせた経験が無いので、その刺激に驚かれたようでここまで

キツいとは想定外だったそうですが。


重たいキツさではなく効く刺激によるキツさです。


自重から数キロで焼付く刺激でパンパンに張り

初めてこんな状態になったと。


上手く出来ているので動かし方の基本でさえ、これまでにない

刺激という事ですぐにオールアウト。

バーンした痛みに悶絶続き。


今後は動かし方を徹底して徐々に強度を上げていけば

大きな変化が期待できるでしょう












パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

バルクアップ









愛知からお越しのトレ歴4年の方と高強度トレーニング!


何度かやっているのでバリエーション加え強度を上げて

行います。


昨年春からのからの1年で、脂肪で増えた感じはなく

体重が7キロ増えたそうで肩や腕にも血管が浮き中々

の伸びではないでしょうか。


脚がかなり太くなったそうなので、それで体重が結構

増えたのだと思います。


スクワット 3種目

ブルガリアン2種目

スティッフデッド2種目

カーフレイズ

シーテッドカーフレイズ


1回のトレーニングにこの中から4種目から5種目

をチョイスして。



一番変化したという肩。


最後まで逃がさず動かせているのがバルクアップした

大きな要因。



動きを理解していてもキツくなると無意識に逃がしてしまう

ケースが非常に多いのですが。


キツいから上げ下げだけになってしまいそうですが

自ら乗せるポイントに誘導しないといけません。

これがコントロール。




動きを理解せず、ガムシャラに種目をこなすだけでは、限界

までやろうがぶっ倒れるまでやろうがヘビーにやろうが

効果は無く。


これが一番多いケースですよね

これが頑張っても筋肉付かない原因。





肩、

アップライトロウ+フロントプレス

バックプレス

サイドレイズ ドロップセット

ダンベルショルダープレス+平行から上に挙げる
サイドレイス


チェックポイントを確認し一緒に。



短期間でバルクアップしているだけあって、最後まで負荷を

逃さず乗せたままコントロールさせています。


ターゲットとする部位で受けとめ、逃がさないようコントロール

して動かす。

これが出来れば確実に変わります。



肩が破裂寸前











パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>
プロフィール

carenagata

Author:carenagata
代表・長田哲也
  tetsuya nagata
 
カイロプラクター
 (元カイロプラクティック専門校講師)
  スポーツ整体師
  物療技術士
  パーソナルトレーナー

トレーニング歴33年
ボディビル選手権
鳥取優勝
山陰優勝
日米岩国優勝
中国5県優勝
中四国優勝

【パーソナルトレーニング】
運動経験の無い方や筋トレ初心者からボディビル、フィジークの日本トップ選手、全国各地のプロトレーナーはもとよりゴールドジムトレーナー、ゴールドジム公認パーソナルトレーナー、大手スポーツクラブヘッドトレーナーまで延べ2万人を指導。

パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



所在地
鳥取県倉吉市八屋195-10

予約専用電話番号
(0858)26-3125
※非通知は繋がりません

電話受付は午前8時~午後6時

営業時間
(平日)
9時~19時
(土・日・祝)
9時~23時

時間外でもご予約可能です

※完全予約制

【施術】
スポーツ選手のコンディショニングからご年配の方に至るまで様々な症状に幅広く対応します。
腰痛、肩こり、頭痛、疲労、不快な症状、痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。

症例は⇒こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR