fc2ブログ

施術







寝違いで首が動かせない、ちょっとした動きで肩から

肩甲骨にかけて痛みが走る。


これは頸椎と肩甲骨の調整で首がふつうに動くようになり

楽になったとのこと。


動かせるようになったので楽にはなっても痛みが

瞬時に消える事はないのでアイシングする事で

1日~2日で治まるでしょう


今日は首、肩、腕の不調を訴える方が多く。


ライブのツアーでこちらに滞在しているという方が紹介で

来られましたが、担当はパーカッションをされているそうで常に

肩腕を使っているので、肩から腕、特に左腕が痛いそうで。

左肩の動きも悪く。


頸椎、胸椎、肩関節の調整で動きもスムーズになり痛みも

軽減されたそうで助かりましたと言われていましたが、

定期的にメンテナンスする事で改善していきます






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>
スポンサーサイト



バルクアップ






しっかり食べてしっかりトレーニング。

これだけです。


トレーニングは関節に無理な負担をかける事なく対象筋で

受け止め動かせる重量で攻めていきます。

攻めの姿勢が大切ですね。


重量増やしていく事が攻めの姿勢ではないので中途半端に

ならないようにです。







バルクアップを目指して5ヶ月前から熱心に通って

頂いている方と身体の使い方、筋肉の動かし方を

徹底して高強度トレーニングを!


昨年春から1年間東京のジムでそれはそれは厳しい

内容でパーソナルを受けていたそうですが身体は一向

に変化がなかったそうです。


とにかく重量を増やしていき尻叩かれ、限界まで

追い込むというもの。


一人では妥協してしまうので人の手を借りて限界突破トレーニング

を遂行するというものですね。


何が目的かですからこれは有りだと思います。

種目によっては30キロも使用重量が増えたのだとか。

これはこれで凄いですね!


少しくらい変化してもよさそうなものですが、一向に変わらない

というのは余程トレーニングが下手としか考えられません。

テクニック的なものは教わったていたそうですが。


使用重量が増えていく事に褒められ、短期間でここまで伸びる

人は少ないとまた褒められ、その繰り返しで重量増やす事が

目的になっているようでこれは違うだろうと気づき始めたそうです。


しかも肩や肘、膝など関節が痛くなり湿布や塗薬が

手放せなくなったとか。



筋肉を動かすフォーム、つまり効かせるフォームではなく、

最初見た時はやはり重量挙げるフォームになっていました。



トップのA地点からボトムのB地点、またA地点に戻る、

これを重い重量をいかに楽に動かすかのフォームです。


それを限界まで行いフォーストレップスやネガティブで追い込んで

いくので地獄のトレーニングだったとか。


終わった後のやり遂げた感、満足感は格別でしょうね。

これ以上ないほど身体を酷使しているのですから。


これはいつも言う表面上の辛さばかりで中身が薄いのですね。


だから身体に現れない。


やはり効かせた事がないので効いてしまうとすぐに

撃沈してしまう場面が多かったですが驚くほど短期間

で強くなり。


5ヶ月で腕がサイズアップし背中と脚の変化も実感

しているそうですが今後もっと強度を上げて行う

必要があります。


筋発達の邪魔になるのは力み癖。


例えばリバースディップス。

リバースプッシュアップやベンチディップスとも言いますが、

上腕三頭筋の種目。


これはトップからボトムにもっていく時、肩から肘方向に

伸びるように力を加えコントロールする必要がありますが、

何も考えずに下ろすだけだと肘から肩方向へ入ってしまいます。

これが力み。

分散して楽に上げ下げする機能が発揮されます。


三頭に乗らないので、女性やお爺ちゃんでもヒョイヒョイ出来てしまいます。


楽過ぎるので一般男性なら加重する。

重りの辛さがある。

キツい、効いているという錯覚になります。


背中や肩でも力みを無くしてコントロールさせる事で

大きな改善に繋がるので筋肉の動きを考えながら、

丁寧に行う事が重要なのですね




パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

負荷を乗せて動かす






今日の自主トレは背中と腕。


背中と上腕三頭筋はトレ歴7年の方と少しだけやりましたので、

夜の自主トレは背中は軽く、腕はがっつり。


がっつりと言っても二頭筋三頭筋合わせて30分くらいです。




チンニングバーやパワーラック、もしくはぶら下がれる棒が

あればまずチンニングをやる事を勧めています。

出来なければストレッチをかけた状態でグイグイ動かすだけでも。


広背筋はまずアップとしてチンニング2レップ、15秒インターバル

をとり1レップずつを4セット。

計5セットでトータル6レップ。


このアップが終わってから1種目目に突入です。



普通のチンニングならヒョイヒョイ出来るそうですが、

負荷引っ掛けて行うと伸展で耐えられない。

ストンっと落ちてしまいます。

それくらい耐えて下さい


1年前までやっていたチンニングは甘く負荷乗せが完全ではなく

逃がしていたので精度を高めて実践。


伸展でも耐えれないところを

後ろから補助して強引に1レップ。

痛い痛いと叫ばれ(^_^;)

広背筋の焼付く痛みを初めて経験したとか。


三カ月以内に5セットで計6レップ出来るようになって

下さいねという事で。


「これ、出来る人いるんですか?」

お馴染みのセリフを言われてしまいましたが、最初は出来なくても

短期間で強くなり出来る人はいますよ(^^)


強度に耐えるパワーと広背筋の動かし方、コントロールが簡単に

出来るようになるので大きく改善出来るのですね。



肩甲骨に負荷引っ掛けた状態で三角筋を横に広げるイメージで行う

事が最重要。


力んでしまうと人間本来の動きで三角筋が内側に入り、僧帽筋や腕に

逃げます。

筋肉つかない人の特徴ですよね。

本来はその逆をいかないといけないのですね。

これがコントロールです。


三角筋や上腕三頭筋も丸みのある筋肉がつかないのは

この人間本来の動きが邪魔してしまうのですね。

分散して負荷を抜く機能が発揮されます。


運搬作業で使う力でフォームだけを真似するので、重量増えても

変わらないという現実が待っているのですね。


筋肉をコントロールして動かさないといけないので、力任せでは

どんどん下手になり発達から遠ざかります。


変わらない人はその辺を考えながら行えば改善に

繋がるかもしれません





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



<長田ケアセンター>

楽しくハードなトレーニング!







自主トレは連日オフですが大阪、岡山、千葉、徳島、東京から

お越し頂いた方々と楽しくハードなトレーニングを!


トレ歴4ヶ月の初心者から指導歴24年というベテラントレーナーまで。





トレ歴10年、東京のゴールドでは過去にパーソナルも

受けていたそうですが力み癖、抜き癖が目立ちます。


一つ一つ癖を修正して負荷乗せて動かしていきます。


的確に筋肉を動かすと効く刺激が強すぎて耐えられなくなるという・・。


初めての刺激だとか。

重量持ち上げる力はあっても効く事に慣れていないので

効いた瞬間潰れてしまうのですね。


トライセットに至っては普段やっているという重量の半分以下

でも3種目まで到達できない。

つまり効いてしまうと1セットも出来ないのです。


凄いとかショックとか情けないとか言われていましたが

これが普通で効かせられているほうが少ないのです。


最終的には2キロと5キロで何とかセットを完遂。


フォームや筋肉の動きを考えながらコントロール出来る重量で

やっていたので効かせていたつもりではいたそうですが、上げ下げの

辛さだけで効いていないのです。


逃がして重量増やして動かなくなるまで限界まで

追い込んでいるので効いてる錯覚に陥っていたようです。


その事が体感して理解でき、10年で気づいて良かったとも

言われていましたが。


効かせられると、ここまでキツいものだとは想像していなかった

そうですが、これはまだキツいというレベルではなく、この負荷乗せて

動かした状態から段階的に強度を上げて行います。


上腕40センチを超え、肩や背中もモリモリしているトレ歴8ヶ月の

ビギナーはこれよりもっと強度の高い内容でやっています。


その辺は目的にもよりますが。


キツいというのは関節に無理な負担がかかり、それに耐えながら

行ない、息がきれてゼーゼーハーハーと呼吸が荒くなる苦しさと

思い込んでいるトレーニーも多いようですが、これは表面上のキツさ

だけで中身空っぽのケースが多いです。

無駄に疲れるだけではなく怪我のリスクも高くなります。


そうではなく

効く刺激が強い=キツい という事です。

身体は楽なものです。


表面上だけのキツさや辛さばかりで、高強度のつもりが低強度という

なんちゃってトレーニングにならないよう基本を徹底して行います。





トレ歴4ヶ月のホームトレーニー
負荷のかけ方、ストレッチと収縮を徹底して!
moblog_5e4a5aafs.jpg





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

大胸筋






ダンベルベンチプレス
ベンチプレス

ストレッチメインで4セット

フルで3セット


これまで以上にストレッチを重視すると収縮がブレずに

完全に入る感じ。

すぐに終わってしまいそう。


普段の重量が扱えず95キロのバルキー選手に

ついていけない




ここまで効かせらてたのは初めての経験だとか、

キツ過ぎて笑うしかないと言われていましたが4セット

出来てしまうのはやはり筋量の違いか。



次のフライは2セット目でアウト

超低レップですが4セット。


次に行うコンパウンドに至ってはプレスに移行する前に

潰れる有様


重量落としているので頭の中では1セット目ならフライ10レップ・

プレス8レップ・ストレッチ5レップは出来るだろうと思っていたのですが。


フライ8レップで挙がらなくなり、プレスのトップポジションを何とか

作るも1レップも出来ず。


今まで4セットふつうに出来ていたのは強度が甘すぎたのかもです。


胸がアホになってしまうとコンパウンドが出来ないんですね。

まだまだ弱いなぁと感じる瞬間。


対象筋に負荷を乗せる、筋肉を動かせる最大重量で、そこから

強度を上げて行うという言葉では簡単なのですが。



プレスでもフライでも注意点を言いますとシャフトを

握り込んでしまう事のないよう拇指球側に乗せると

腕が疲れにくく大胸筋に乗せやすくなります。


トップは必ず胸を突きだして。

両方のダンベルの幅はダンベル同士がぶつからなければ

良いですが、両腕が平行より少し内側です。

フォームだけ作って抜けているケースがほとんどなので注意。

首、僧帽筋が力まないように。


肩が床方向に下がって胸突き出して、僧帽筋や肩や腕ではなく

大胸筋に力が入っている状態が作くれていればOKです。


このフォームでも肩が上に向いていたら抜けるので注意。


肩甲骨の動きでいう拳上で胸張っても力むタイプに多く

全く出来ていないか、このタイプかに分かれます。


セット後に首の後ろが張るとか疲れるとか怠くなるというのが

特徴です。


ボトムでは胸をさらに突出し大胸筋に乗せます。

乗っていれば下している腕は自然と止まります。


抜けていればそのまま下りて過伸展になってしまいます。


伸ばされた感は強いですが負荷抜けているので

ここは最大注意。


大胸筋が発達しない人は例外なくここが中途半端。

下しているだけになるので負荷が乗っている状態を作ります。


「どこまで下せばいいですか?」と聞かれますが、負荷が乗っていれば

止まる位置が必ずあります。


負荷が乗っていないと伸ばされている感覚だけになります。

繰り返すと腱を痛め怪我をする可能性大。


フルレンジは関節可動域ではなく筋肉に負荷が乗った状態を

逃す事なく動かせる距離です。








パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

温泉







今日は疲れた身体を癒しに温泉に行きました



サウナで隣に座っているおっさんがこっちを何度も見て

話しかけてきそうな空気は気付いていたのですが。


ビルダーならお約束のように経験あると思いますが

いつものように筋肉に食い付いてきたのかなぁと思ったら・・・


「失礼ですが長田さんでしょうか?」

「えっ!はい、そうです」


どちらさんでしょうか?みたいな顔で見ていたら

「私は〇〇と申します」と・・・

名前聞いてすぐに分かりましたけど。

当時の記憶が一瞬でよみがえり。


いや~、まさかサウナで25年以上ぶりに学生時代の

先生に会うとは

恩師ですよ恩師。



当時は20代で現在は50代。

ベテラン教師ですね。

体重が2倍になったのではないかと思えるほど貫禄ある体型に変貌

していたので最初は分からなかったのです。


懐かしいなぁというお話でした



昨日今日と自主トレオフですが95キロのヘビー級選手や

半年ビギナーと楽しくトレーニング







パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

ホームトレーニー








「仕事終わりに飲みなどの付き合いが週2、3回も。

仕事の延長みたいなものだから断れないので

ストレスになる」と。

飲みの席でもくだらない話ばかりだそうで。


付き合いない日はサービス残業で夜遅く

「こんな生活だからトレーニング時間を作るのが大変なんですよ」


これはあるトレーニーから聞いた話。

サラリーマンは大変だなぁと。

わざわざストレスを作る場に参加しないといけないのですから。


好きなように時間を作り、好きな事楽しい事に集中し、

ポジティブ思考の人とだけ付き合う。


ほんとはこれがベストではないかと思うのですが現実は

難しいようですね。


ジムに行けるのが週末を含めて週3回程度なので自宅で

やりたいという事で半年前から自宅での高強度トレーニングを

覚えてもらい現在ホームトレ歴半年。

トレーニング歴は2年半。


ベンチプレス台とバーベル、ダンベル。

バーベルセットは総重量75キロ。


一日のトレーニング時間は平均40分。


1セット1分~1分30秒計算なので、

5セットやっても早ければ5分で終わります。


ルーティンは1ヶ月毎に変え。

今後は臨機応変、その日にやりたい部位を。

オフは休みたい時。


2年間ほとんど変わらなかった身体が劇的に変わったのですね。

やっている内容が内容ですが(^_^.)


半年前まではモチベ上げる為、効果的に行う為に週末2日は

ゴールドでパーソナルをつけてやっていたそうですが2年間

ほとんど身体の変化はなく。

追い込みだけのキツさしかなかったとか。


フォームは悪くないのですが乗せない逃がす動かさないの

三拍子でしたらか当然の結果なのです。


今後はもっと強度を上げて行います


今日は東京から同じくホームトレ歴3年の方にも

筋肉の使い方動かし方を。

初心者特有の力み癖を直し負荷のかけ方から。


重さ疲れだけで全く効かす事が出来なかったという

広背筋は一番効いたそうで非常に上手く行えています。

どの部位も初めて効かす事ができて来て良かったと

言われなによりです。


効かす事を意識するというよりは筋肉を動かすと想像以上に

効いてしまうという事ですね。




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

腕を太く





今日の自主トレは脚と腕。


脚は午後からトレーナーをされている方と通常トレ

を行ったので夜は軽く2種目だけ。


腕は30分で限界。

20キロバーに1.25キロのプレートつけてチーティング

使ってやるのもどうかと思いますが腕が

はち切れそうになるのです

気持ちいいですね


とはいえ、

もっと強くなれば太くなると思うのですが、まだまだ

強度が弱いように感じます。

この場合、強いというのは「何キロ挙がったぜー!」ではなく

筋肉を動かしてどこまで強度が上げられるかという事です。


もの凄く重いウエイト使って、残念なほど強度下げている

トレーニングをしているケースが多いので。


高重量=高強度 ではなく。

怪我するほどハードなのが高強度でもなく。



筋肉動かして行えば、普段いかに強度下げて

行っていたかを痛感すると思います。



コンセントリックやエキセントリックとも言葉だけを

理解しても筋肉を動かせていなかったら意味が

ないわけで、

収縮もストレッチもできていない状態で何種目もこ

なしても、ほとんど無駄になってしまう事も。

量より質ですね。


これくらいの腕でも3キロや5キロ、バーだけで強度に耐えられない

そうですぐにオールアウトしてしまい後に続かない。


パンパンに張り過ぎて痛くて我慢できないそうで数レップで

やめてしまいます。

でもやってもらいます

まだまだ初心者段階での内容。

moblog_3c96a780.jpg


前回腕やった後にお店での食事中に腕がプルプル震えて

味噌汁こぼしかけて大変だったとか


あと4センチは太くしたいそうなので普段のトレでやってほしい

強度を課して実践してもらいます(^^)




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

相撲





「相撲好きなんですね」


施術中の会話




ここ数年はテレビで相撲を見る機会が無くなりましたが、

昔はよく見てました。


大相撲を見るようになったのはまだ筋トレ始めていない15歳の頃

からで千代の富士が連勝記録を作っている時。


大乃国に連勝ストップされましたよね。




千代の富士の小柄ながら凄い筋肉と圧倒的な強さに魅了され。


千代の富士、霧島、益荒雄を応援していました



大阪場所で押尾川部屋の稽古を見に行き、稽古終りで

外に出てきた益荒雄や恵那櫻と一緒に写真を撮ったり。


二所ノ関部屋の稽古も見に行き麒麟児と握手した思い出も



プロレスファンだけでなく相撲ファンだったのです(^^)





さて、本日も自主トレはオフですが熱心に通って

頂いておりますトレ歴11ヶ月の方と。

筋トレ経験ゼロの時から来られて11ヶ月で上腕40.5センチ

は結構凄いのでは


段階的にトレ技術が上がっているので変化も大きいのです。

ストレッチが良い感じだとか。

もっとバルクアップしたいのでもっと強度を上げて厳しくという事

でしたので重量はかなり軽いのですがバージョンアップで!




今日は愛知からトレ歴6年の方にも。

筋肉を動かす練習だけでこれまでのトレーニングで

経験した事ないキツさだと言われ、レップが続かないの

ですが、まだまだこれからです


効くという刺激に驚ろかれていましたが、ここから更に効かせて

いくのですね。


乗せる逃がさない動かすが理解できたそうで

面白ろいのだそうす(^^)


収縮は筋肉の盛り上がりを強調、ストレッチは筋腹に

最大限のテンションをかける。

逃がさずヒットさせるですね。


上手くできていたので後は強度を上げて!





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

上腕三頭筋






ボールのように丸くメリハリはり、力を入れたら深い溝が出来る。

そんな三頭筋を作りたいものです。


三頭筋はストレッチが発達の要になるので最後は

ストレッチのみでやったり。


三角筋や大胸筋でもプレス系はストレッチを重視して。


このストレッチ重視をトレ歴3年のホームトレーニーの方に。


前回の復習、そして今回新たに強度アップ。


負荷抜けないよう乗せて動かすだけですが


焦げ付くような痛みが襲うのですね



しっかりと伸ばす、深く下ろすではなく、筋腹で負荷を受け止める

最大限にテンションがかかった状態です。


リバースディップスやライイングエクステンションはフルレンジで

6~10レップが限界のウエイトで限界に達してからストレッチで

動かなくなるまで行います。

だいたい5レップ前後でしょうか。


1セットで焼付き感を超えて破裂しそうな刺激が襲いますが

耐えて粘ります



EZバーでライイングトライセップスエクステンション65キロ

でセット組んでいたヘビートレーニーが8キロのダンベルで

潰れましたが、これは力というよりは普段効かせる事が

出来ていなかったので、効いた瞬間コントロール不能になって

すぐに潰れてしまうのですね。


限界まで追い込んで、さらにコンパウンドやトライセットでこれ以上

ないほど効かせているつもりが、全く効かせられていないのです。


ウエイトを動かす、キツさ、辛さだけで対象筋には甘すぎたのですが

限界まで追い込んでいるので抜けている事に気づかないのです。



効く刺激に慣れていないだけで、これはすぐに強くなるので

強度を上げていく事でサイズアップに繋がります。



対象筋でコントロールできない重量でやると、効果が薄いばかりか

関節に負担かけるので怪我をするリスクが高くなり





丁寧にやっても抜けた状態ならウエイト動かすキツさだけで無駄

になるのでトップ、そしてボトムで必ず抜けないように注意して行います。

乗せて動かす事を意識します。







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日も







朝食後の喫茶モーニングで一日のスタート

moblog_504fa4b3.jpg





のほほ~んとしているのですが頭は冴える不思議な時間。






さて本日はベストボディやフィジークで活躍されている選手と

広背筋、三角筋、上腕三頭筋の高強度トレーニングを。


2年ぶりに会ったのですが一回りデカくなっててびっくり。

体脂肪が減った状態で体重が5キロ増えたとか!

純粋に筋肉だけで6キロ増えたそうで!


筋肉を動かす事を覚えてから身体が変わってきたと。


とはいえ、大会写真ではまだまだ細身に見えるので、

もう二回りくらいバルクアップを


リラックスポーズが引き立つよう広背筋、三角筋、上腕三頭筋を

焼付くくらい効かせて進化させたいとの事でしたのでまずは負荷を

乗せる復習から。


背中はアップの後の1種目のみですが効くを通り越して痛いを連呼。

これが気持ち良いのですね

背中は一番効かせやすい部位です。



三角筋のプレス系、三頭筋ではこれまであやふやだった伸展で乗せる

感覚が初めて掴めたそうで何よりです。


そこから伸展重視で動かします。


基礎はこれまで何度もやっているのでちょっとの修正で上手く

出来ているので次に実践へ。


自重~12キロですが、

効き過ぎて痛みに耐えられないそうで、すぐに潰れてしまい

まともに1セットも出来ないのですが、一瞬でこれまでに経験した

事が無い程パンパンに張るのが凄いと言われ。


今後はブレないよう段階的に強度を上げていけば短期間で

更にデカくなる予感


楽しい時間でした(^^)






自主トレは腕。

ケーブルカール
ダンベルカール
プレスダウン
ライイングエクステンション
ナローベンチ





夜食はすき家へ

moblog_87cdddb3.jpg





夜食の後はどら焼き~
幸せ~

moblog_09a1304f.jpg







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

鳥取だらずプロレス








パープルタウンの本屋さんへ。

屋上から入ってすぐの掲示板に鳥取だらずプロレスのポスターが!

moblog_3149324c.jpg



そういえば腕が太くて有名?なレフェリーの三宅のおっちゃんが

11月2日に未来中心で試合があると言ってたなぁと思い出し。


今年最大のビッグマッチ、何かが起こるそうですよ!!


わたくし、この日は仕事で観に行けませんが、お時間のある方は

ぜひ未来中心へ。







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

高強度トレーニング







ここ数日、ダブルスプリットのようなダブルスプリットではないような。


筋肉が破裂しそうな痛みが襲い、とってもキツいのですが

軽い重量なので出来るのだろうなぁと感じています。


一緒にやっているとキツそうに見えない、楽そうに見えると

言われますが、決して楽ではなく、楽そうに見せているだけです


負荷を迎えて受ける瞬間、そこから焼けるように効く瞬間が

気持ち良いのですねぇ



今日は毎月車で片道4時間かけてお越し頂くハードトレーニー

と高強度トレーニングを。


非常に上手く、筋肉を使う力も強くなっているので

今回はトレーニングのレベルを上げて行います。


半年間毎月来られていますが見違えるほど

胸肩腕がモリモリしています。

背中が自分でもビックリする程変わったそうで!


ストレッチ効果が現れているのですね。


刺激が強烈すぎて地獄?と言われるメニューを課しているので。


伸びを加速する為に今回は更に厳しい濃い内容でやってもらいます。


重量をやたら増やしてガムシャラ感たっぷりな表面上の厳しい

トレーニングではなく、身体をいたわりながら無理のない範囲で

筋肉を最大限に使います。


軽いけど重い・・みたいな


抜けないようにチェックしながら。

抜けたらすぐに修正。


1セット終わるごとに、悶絶状態に陥りますがまだまだ。


精度上げると8キロダンベルや20キロバーで潰れてしまいますが

もっと強度に耐えられるように強くです!


部位、種目によっては50%は伸展重視で。


負荷を乗せる、引っ掛ける、そのまま逃がさずグイグイ動かします。


悲鳴?をあげますがお構いなし

抜ける瞬間は見逃さないので。


効くという言葉では済まされないほど強烈だと思います。

これが気持ち良いのですね(^^)


毎回気付く事が多くて楽しいと言われました。

トレーニングも上手くなるしモチベーションがあがるのだそうで。

有りがたい限りですね



トレーニングが上手くて思い通りの効果を得ているトレーニー

はともかく、多くのトレーニーは挙げる事ばかりに意識がいって

ストレッチを疎かにしているケースが多いようです。


通っているトレーニング施設でも出来ている人は皆無ですし。

もっとストレッチを意識して一番キツいところを迎えに行くつもりで

筋腹にテンションかかっているのが確認できるくらい乗せて行うと

効果てきめんです。







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

胸・肩







涼しくなってトレーニングがやりやすくなりましたね。

楽しくトレーニングをやりたいものです(^^)


鬼気迫るトレーニング、鬼の形相でぶっ倒れるまで全身全霊を

かけてトレーニング。

見てるだけで迫力ありますよね。

ザ・ハードトレーニング!って感じがしますよね。


でもそのトレーニングと身体が不釣り合いなら、何やってんだか・・・

というね


頑張っている自分に酔う空回りなトレーニングにならないよう、

中身を濃くやっていきたいものです。



今日の自主トレは胸と肩。


ダンベルフライ、ダンベルベンチプレスをフラットやインクラインで。

コンパウンドやストレッチのみをやったり。


挙げる事は考えない。

負荷乗せて動かす事しか意識はなく。


何故かといえば、

大胸筋内側からの盛り上がり、大胸筋上部からの盛り上がり、そして

密度のある筋肉を作る事が目的なので。


肩は

バックプレス 8セット
アップライトロウ 4セット
サイドレイズ 2セット
バックプレス ストレッチのみ 5セット


ピンポイントに負荷がヒットした瞬間が気持ち良くて

これを外したら効果ガタ落ち。


この一番キツいところが、一番おいしいところなのです。

そこから強度を上げていく。


重いウエイトを挙げるキツさではなく。


でも、ほとんどは人間の本能で抜いてしまうのですね。

抜かないとキツくて挙がらないから。


ヒトの機能は楽な軌道へと導いてしまうものです。

重いものをいかに楽に挙げるかの機能。

これは全身に言えます。


その楽な軌道で重量をどんどん増やすから、筋肉は重量ほど

つかない、怪我をする。


踏んだり蹴ったりですよね。



周りを見ても扱う重量と筋量が伴っていない人、多いでしょ(^_^;)



疲れ損、効果の無い中身空っぽなトレーニングにならない

為にも筋肉の使い方、動かし方を理解してトレーニングを

行いたいものです(^^)






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

趣味





月いちペースで来院される男性美容師さんから

「ボディビル以外の趣味はなんですかー?」と

会話の流れから聞かれまして


わたくし、ボディビルが趣味なんて一言も言ってませんよ

元ビルダーなだけです。

大会見るのも出るのもそれ程興味があるわけでなく。

知り合い出ていたら応援には行きますけどね


トレーニングが大好きなだけです。

トレーニング意欲は年々高まるばかり。

トレーニングは趣味でもあり仕事ですからね。



現役時代は義務的にやっていたのでいろいろな面で

ストレスばかり。


ハードにやっているつもりだけで中身の薄いもの。

温厚な性格ですが今思うとシーズンは常にイライラして

性格も悪くなる。


ジムでは話しかけるな空気を出していたし


もう二度と出たくはない


トレーニングは趣味なのでガンガンやりますが

大会目指すモチベーションはゼロ。


こればかりは性格ですから仕方がないのです。


この事は東京の寺地くんともよく話をするのですが



もっと頭を使って楽しみながらやらないと伸びないですね。

人それぞれでしょうけど。



今でこそ大会観戦はそれほど興味もなく関心ないですが

昔は好きでしたね。


ボディビル初観戦は筋トレ始めてまだ一ヶ月の時に

ミスターアポロ(ジャパンオープン)を見て、翌年は

選抜大会(日本クラス別)、この年は全日本選手権も見て。

その翌年はアジア選手権を観戦。

観戦マニアだったかも


ビッグな人に会いたくて杉田茂さんや小山裕史さんに会いに行ったり。


まだ筋トレ経験ないのに、初めて会ってお話したボディビルダーは

全盛期の小山裕史さん。

怪物かと思いました(^_^;)



杉田茂さんを訪ねて行った時には、帰りにワールドジムTシャツと

タンクトップをお土産にと頂いてしまいました。

なんて良い人



その後、ワールドウイングに所属した時代もあって20代前半で

鳥取選手権で優勝した時がワールドウイング所属。


小山さんから「お祝いに何かプレゼントするから」と

言われていたのですがまだ何も貰っていません


小山さん、20年経っちゃいましたけどプレゼント待ってますよー!!






さてさて、本日も自主トレオフですが

バルクのあるホームトレーニーと。

チンニング
ワンハンドフレンチプレス
ライイングエクステンション
ナローベンチ
バーベルブルガリアン
バックエクステンション






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

負荷を乗せる








昨日と今日は自主トレオフでしたがハムストリングスと

肩は筋肉痛でございます。


肩は心地良い感じですがハムは歩くのが変になるくらい

痛いのでここまでくるとちょっと不快。


キャリアは浅いのですが2年弱で見違える程バルクアップした

バルキーな人と本気トレを遂行したのでありまして。


屈強ビルダーでも心折れるといわれるメニューをこなしてるし。


肩は先にバテました、ハイ


負けないようにもっと強度上げて頑張らねば





そんな筋肉痛の中、今日は軽く動かす程度に。

神奈川からトレ歴5年の方に。


扱う重量が増えたわりに身体が変わらないとの事でしたが

動きを見ると確かに負荷の抜き癖、力み癖が強過ぎのようです。


悪い癖が染みついているのでかなりの練習が必要です。


修正しながらピンポイントに負荷が入った瞬間、身体が

拒否反応起こして抜いてしまいます。


ピンポイントに負荷が入る事を嫌がり無意識に楽な軌道へ

逃げていくのですね。


このように負荷が乗る事に身体が勝手に拒絶反応してしまうので、

乗せたまま動かす事が出来ません。


フォームが酷いわけではないのですが、力みが入り分散して

負荷を乗せず、楽して上げ下げしてうまう癖があり、そのまま

重量が増えていったので身体が変わらなかったというわけです。


身体に厳しく筋肉に甘いトレーニングになってしまいます。

低強度なのに怪我のリスクも高くなり。


重量は増えている、疲労困憊するまでキツいトレーニング

は行っている。


でも身体は変わらない、何故だろう?・・・となるのですね。


これは珍しくはなく、筋肉つかない人のほとんどが陥るケース。



目的はそれぞれ違うのでしょうが、

いつも行くジムでハードにやっている人のトレーニングは、

ほとんどがこれですね

筋肥大目的なら下手な動きを学習してしまうので

勿体ない。

さて、時間を要しましたが練習の甲斐あり「乗せる逃がさない動かす」

事が出来るようになり。


しかしながら効いてしまうと耐える事が出来ず焼付くところまで

いきません。


本来はここから実践的なものをさわりだけでもやるのですが。


自重~5キロ程度なのですが、効いてしまうと重すぎて

耐えられないそうで。

もっともっとパワーアップを!


効かすトレーニングがここまでキツいものとは思っていなかった

そうで、今まで何なってたんだろうなんて言われていましたが、

後半は上手く出来ていたので、ちょっとづつでも強度上げて

行えば身体も大きく変化していきます






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

夜食







今日の夜食はすき家の炭火豚丼の特盛

moblog_cc031782.jpg

これは旨い



その後はローソン行ってナポリタンと肉まんを。

moblog_639be776.jpg

moblog_24093cb2.jpg




頂いたスイーツも

moblog_fa87267a.jpg

濃厚~





今日はちょっと多めで、寝る前に3000キロカロリーくらい

食べちゃいましたが胃もたれしないので、翌朝もしっかり

食べられます(^^)



好きなものを食べてやりたい事やって嫌いな事は避けて

ストレスの少ない生活を送ることが一番健康に良いのでは

ないかと思っています





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

胸・腕





今日の自主トレは胸、腕。


胸はフライとプレスを何パターンかで。

基本的な事しかやらないです。


挙げる事に意識がいってしまうと、筋肉を動かせなくなるので

ボトムで負荷が乗っているか、トップで筋肉が盛り上がっている

状態を、またそのような動きを作る事が出来ているかを意識

してやっています。








腕は3種目ずつ。


腕の反応が思いのほか良く

ナローベンチで三頭筋が撃沈。


弱いだけ?





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

ストレッチ重視で






種目によってはストレッチ重視で行います。


胸、三頭筋、広背筋のロウ系、肩プレス系は特に。


下ろす、伸ばすではなく負荷を乗せる、

負荷を引っかけるですね。

テンションかかった状態を作る行為です。


しっかり下ろす、しっかり伸ばすでは抜けてしまう

ケースが多いので、ここは意識したいところ!



今日はトレ歴1年の方にストレッチの重要性を、

そしてストレッチさせる為の身体の使い方、筋肉

の使い方を覚えて頂き。

フルでやった次のセットはストレッチのみで

動かしたり。


フォームは元から綺麗でしたから後は乗せ方、

動かし方をそのまま入れるだけ。


効く痛みがここまでキツいものだとは想像して

いなかったそうで。


練習段階から心が折れそうだと言われますが

これがおいしいのです。


自重から1キロ~3キロ~5キロ~バーベルシャフト

だけですが、セット後はしばし放心状態。


ほんとに効いてしまうと、パンパンに張り過ぎて焼付いて

1種目終えるのも大変なはず。

そのコントロールできる範囲で重量増やしていきます!






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>






大阪から来られたトレーナーとトレーニング

をやりその後雑談。


先日の日本選手権を観に行ったそうで、

ちょいとその話で盛り上がってしまい。

私もいたけど会いませんでしたね。


14時に会場入りして表彰式の前には会場を後に

したのでほとんど知り合いに会う事もなく。



開会式が無駄に長い。

毎回時間おして長くなるんだから

いい加減学習してほしいものです。

お爺さんはセレモニー好きですよね

その時間は別の用をしていたわけでして。


前回観た時も眠たくなるような長い開会式にグダグダな進行。


省くところは省いてもっと比較審査をしっかりやれば

良いと思うのですが。

連盟は選手の事考えているのか疑問。



選手が納得できる大会にならないといつまで経っても

発展する事は無いような・・・。


自分の意見など言えないイエスマンになっているのでしょうか?


審査だって名前や過去の実績が大いに影響している

お粗末なものですし。

事前に打ち合わせでもあるかのように。


審査員がどうこうではなく、そういう態勢を作っている

連盟が問題。


その日のコンディション、その日の見た目で決まらないと

審査の意味ないでしょ。


そんな話をしていたわけでして、来年以降少しでも

改善されていれば良いのですが、どうなんでしょうか。




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

広背筋








今日の自主トレは広背筋。


胸と広背筋と前腕はトレ歴20年の方と。


この時の広背筋はアップの後の1種目のみ。

1種目で撃沈しオールアウトしてしまいお腹いっぱいと言われ。

自重~12キロ。

効き方がハンパなく、なんじゃこりゃーって。

松田優作??


20年のトレーニングの中で一番効いたそうですが、

まだ出来そうな気がします

後は動かし方の確認や修正を。



なので自主トレはもう一度背中をやり、3種目を2回繰り返して

行いました。


どういう事かと言いますと、3種目をけっこう重い重量で行います。


フルでは低レップになりますがコントロール出来る範囲で。


ラットプルもMAX55キロとか。


あとはパーシャルで行います。

この場合ストレッチメインになりますね。


3種目終われば広背筋はヤバい状態になってますよね。

動かす事なんて出来ないですよね。


その状態からもう一度同じ3種目をやるわけです。

軽ーい重量で。


30分で終わります。

広背筋が二倍に広がった気分になり気持ち良いです






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

大阪







日曜日、朝6時8分発の「特急スーパーはくと」に乗り大阪へ。


日曜日と月曜日の2日間大阪に行ってきました。


寺地進一くんの応援を兼ねてJBBFボディビル日本選手権の観戦に。




それ以外にも、今回は整体院やマッサージのお店にも何件か行きました。


良い面悪い面、気付く事がたくさんあってとても勉強になり。

これをどう活かすかですよね。

トレーニングも同じなわけで。



9時28分に大阪入りしていましたが、なんやかんやしていたら

14時前になってしまい、急いでメルバルクへ。



さて日本選手権、

寺地選手は見事な仕上がりで目を惹きます!


ステージングが特に上手くて自分まだ選手なら大いに

参考にしたいところです。


一次ピックは難なく通過。


二次ピックでは惜しくも敗退しましたが、あのレベルの中で

凄いと思います!




存在感たっぷりだったのが小松選手。

尋常じゃないバルク。


肌を焼き過ぎたのか、一際黒くて今回のライティングに合っていない

ような感じでしたが、とにかく凄い選手です。



二次ピックで23名が並んだ瞬間、真っ先に目に入ったのが須山選手。

アウトラインも良く凄い迫力です。


ポーズをとるとさらに凄みが倍増。


雲龍型を取り入れたフリーポーズも盛り上がりましたね。


ポーズダウンで5位で呼ばれた時は場内から「えー?」というような

声もあがり、今回は「?」な評価でした。

表彰台は確実だと感じましたが・・・



比較審査の流れで1位~12位の順位はだいたいの予想は

ついていましたが、実際見て思ったのとは少しだけ違うような。



鈴木選手は圧勝でしたね。

しばらく連覇しそうな予感がするほどダントツ優勝で

終わった日本選手権・・・

選手の熱気が伝わり楽しく観戦できました。



選手の皆様、本当にお疲れ様でしたm(__)m



久しぶりの観戦、そして美味しいものもたくさん食べて

楽しい大阪旅行でした(^^)








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

広背筋









現役選手とチンニング10セットほどやりました。


調子乗り過ぎて背中が痛い

弱わ


自重ですが最高で8レップほど。


6セットあたりからフルでは1レップか2レップしか

出来ないのでパーシャルで。


最後は動かせなくなるので伸展だけをやります。





ダンベルロウ3セット。


コンパウンドというわけではないですが、ダンベルロウのセット直後に

肩甲骨負荷を引っ掛けてチンニングのストレッチのみをグイグイやります。

10レップくらい。


限界来たら腕伸ばして負荷抜いて一呼吸おいてからまた肩甲骨に

負荷引っ掛けてストレッチのみ10レップ。

で、30秒前後インターバルとってまた次のセットを。


この2種目で、重さだけでいえば超軽量の、筋肉にとっては

ヘビーウエイトの自重~15キロで絶対背中変わるのでお勧め。


筋肉の隆起、アウトラインがほんとに良くなる!


背中が爆破しそうな刺激にどこまで耐えられるか(^^)

トレーニングが楽しくなる事間違いなし(^_^.)



ストレッチは両肩を横に開くイメージで首と三角筋の距離を

なるべく長く保つように行います。





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

久しぶりに温泉へ!








寿司が食べたくて夜は回転寿司の北海道へ

moblog_b142f29d.jpg




moblog_f13eca34.jpg



moblog_f2a8e368.jpg



もちろんスイーツも

ソフトクリーム
moblog_030b18d7.jpg


フルーツ杏仁
moblog_b768c7cc.jpg







今日は久しぶりに温泉にも行きました

遅い時間だったので人も少なくのんびり癒す事ができました


温泉や銭湯の脱衣所、あるいはロビーには瓶に入った牛乳の

自販機があるところが多いですよね。


風呂上りは何故か瓶の牛乳が飲みたくなるのです。

今回はコーヒー牛乳を買いました。


パックにはいったコーヒー牛乳なら買わないのに瓶なら欲しくなる。

何故だろう・・・。





温泉帰りはカフェ「樹」へ。

田舎なので夜7時には閉まるところが多いのですが
ここは夜遅くまで営業しているので助かります。


ベーコンエッグサンドとコーヒー
moblog_58a856a2.jpg


ミックスジュース
moblog_4cc6a607.jpg










スイーツも美味しく頂いております

moblog_c8898f41.jpg


moblog_92c41e76.jpg


moblog_8723202a.jpg

moblog_cf130a71.jpg






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

上腕二頭筋 カール







今日も朝食後の喫茶店モーニング

moblog_3d8a35d2.jpg





喫茶店のはしごで次の店へ

いつも行く万燈

古い建物で昭和な感じで落ち着く喫茶店

コーヒーも美味しいけどこのたまごサンドが

とても美味しいのです(^^)
moblog_ea44ac7a.jpg






くつろぎの時間も終わりいざ仕事へ・・・


施術を受けに来られた70歳の女性。

趣味のダンスで体を酷使しているので月2回くらいのペースで

お越しに。


ダンスの専門的な話は全然分からないのですが、毎回興味深い

面白い話を聞かせてもらっています


毎日が楽しくてしょうがないのだそうです。

良いですねぇ





今日も自主トレオフ。

軽く筋肉動かす程度に。

その筋肉の動かし方を今日はトレ歴2年の方に。


意味不明だったストレッチのかけ方、コントロールがよく理解できた

そうで効いてしまうと痛くなる刺激が襲うのですね。


初めて効かす事ができたと喜んで頂けました


バーベルカールやダンベルカールの動かし方が一番知りたかった

そうですが、基本的な普通なカールを行うだけです。


ボトムでバーが脚に触れた状態から負荷乗せて、力こぶ出すように

肘は自然と僅かに前に出ますが、最大収縮させる時に肘を見た目

分からないくらいですが上に上げます。


初心者や二頭筋の発達しない人は必ずボトムで肘をリードして

上手い具合に負荷抜いて下げてしまいます。


スポーツセンターでもこのカールしか見た事ないので細いままで

全然筋肉つかないのですね。


収縮も伸展もできないないので、カールのフォームで上げ下げをしてるだけ。

せっかく頑張っているのにもったいない。


トップで収縮できたら、肘で返さず負荷乗せたまま、力込めたり

力ませたりせず、腕を伸ばすのではなく二頭筋の盛り上がりが

そのまま伸びていくように乗せて動かします。

テンポよく行います。


初めて効かせられたそうで、セット後には二頭筋を触りながら

「痛い痛い、効くとほんとに痛くなる」と言われ、

焼き付きつく痛みが襲うのですね。


そこを耐えて強度を上げていく事で、丸みや密度が増していきます。



上手く行えました







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

上腕三頭筋







今日も自主トレオフでした。

今週はスポセンにまだ一回しか行っていないぁ~

明日は行く予定。


自主トレはオフでも上腕三頭筋は4日連続でやっています。


パーソナルトレーナーさんとハムも背中もやったので

部位によっては連日。


三頭筋なんて4日も連続でやっていると常に張っているような

感覚ですが触るとプヨプヨ。

力入れたらカチカチになります。



まずアップで三頭筋を温めてから、

リバースディップスを3セット~5セット。


教科書通りに近い負荷が抜けるフォームしかやった事の

ないトレーニーは、負荷が乗ると自重で5レップくらいしか

出来ない場合が多いですが、これは簡単にすぐ強くなります。


本来は脚にダンベル挟んで行います。


これで三頭筋がパンパンに張り過ぎて腕曲げるのも

辛いという完全オールアウト状態にもっていけたら、次は

ライイングエステンションを3セット~5セット。


これも腕は斜めのまま負荷逃がさないように。

ボトムでは拳は床方向を向きます。


ここで一気にテンションが入れば上手く出来ています。

それを逃がさず乗せたままトップに行きます。


ここが発達の一番おおしいところなので、とにかく確実に。


これまで何百人と見てきましたが、必ず抜いて動作させてしまいます。


負荷が乗る辛さに体が拒否反応起こして無意識に上手く抜く動作を

作ってしまうのですね。


それに気づかずどんどんウエイトを重くするから、どんどん下手に

なって重り上げる辛さに惑わされてしまうという残念なケースが多い

のでここは注意したいところです。


話をライイングエクステンションに戻してトップでは強く収縮させます。

腕は垂直にならないように気を付けます。


焼付く痛みで動かなくなれば、腕を垂直に戻して3秒おき、再び

トップポジションを作りもう1レップ~2レップ。


また垂直に戻し一呼吸し、トップポジションに戻しもう1レップ~2レップ。


これで三頭筋がプルプルして支えきれなく今にも潰れそうになるはず

ですが、まだ止めない。


ナロープレス入ります。


肘は手首と水平の位置。

ボトムは親指側が僅かに下向き。

トップは親指側が僅かに上向き。


なんちゃって高重量の重さ慣れだけしているトレーニーは負荷に

耐えられないので最初は1レップも出来ないと思いますが、

これもすぐに強くなります。


EZバーで70キロのライイングエクステンションをやっていたという

トレーニーも全く出来なかったので。


重い重量を扱うテクニックがついただけで効く刺激を経験した

事ないので効いてしまうと耐えられないのですね。



ナロープレスはストレートセットで行う場合もありベテラントレーニー

から経験した事ないくらい三頭に効くとよく言われます。




潰れて動かなくなったらエクステンションのストレッチのみで数レップ。


最後にキックバックを3セット~5セット。

潰れたら上体を起こしてのキックバック。


キックバックを省いてショルダープレス気味に行う

ダンベルフレンチプレスを行う場合も。


悲鳴を上げられる厳しい種目ですが効果絶大。


止めの種目も行いますがたったの3種目。



実践で行うと6キロ~12キロの高重量だと、ここまで辿りつける

トレーニーはビルダー含め100人に1人くらいですが、最初は

自重~5キロくらいで(これでも出来ない人多いですが)徐々に

強度を上げていくことで、初心者でも大きな効果を発揮

するのです。


筋肉には厳しいですが関節含め無駄な負担がなく

身体には優しいので表面上のハードトレーニング感は

全く無く、傍らから見れば甘いトレーニングに見えるかもです。



それぞれのレベルに応じて段階的に内容をアップさせていけば

良いと思います。



もちろん、これは一つの例、一つのバージョンですが、

中身を濃くして行うのが大切なのですね。



よく目にする量や重さに逃げているような甘いトレーニングでは大きな

変化も期待できず。



重量はそれなりに扱って限界まで厳しいトレーニングを

行っていたとしても普段から負荷抜けていたり効かせられて

いると思っていたものが全然効かせられていないケースも

多いので負荷を乗せる逃がさず動かす無駄の無いトレーニング

を行いたいものです







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

楽しくトレーニング






本日は自主トレオフでしたが毎月お越し頂く体重100キロオーバー

のデカくてパワフルな方と上半身を中心に破裂しそうになるまで

行いました。


背中、肩、腕を。


力もかなり強いのでダンベル3キロ~12キロ、

バーベル20キロ~50キロの高重量で。


通常トレーニングではないのでセットはかなり少な目ですが。


高強度トレーニングで効果を大いに実感しているそうで、

うれしい限りです



一押しのオルタネイトダンベルカールはこれまでで一番刺激が

強烈だとか。

一瞬で二頭筋が膨らむ感覚に襲われます。

肘を返さないように注意しながら二頭筋に負荷を乗せ動かします。



基本は完璧なのでそれに上乗せして新たな試みでダンベルロウ、

ダンベルショルダープレス、リアサイドレイズを取り入れます。


いつもやっているダンベルロウ、ダンベルショルダープレス、

三頭筋種目等々はバージョン変えてよりピンポイントにヒット

するようにという新たな試み。



数をこなすのではなく引出しといいますか選択枠がいろいろ

あったほうが常に新鮮な刺激を入れる事ができ、そのほうが

効果も高く、何より楽しく出来ます(^^)







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

強度アップ






3日間自主トレオフでしたが今日は背中と肩を。


内容を一新し進歩させて行います。


より負荷かけて動かせるように。

キツさ倍増ですが良い感じです(^^)


キツいといってもガムシャラ感丸出しの、ぶっ倒れるまでやっても

実は低強度みたいなトレーニングだけは避けたいものです。


これ非常に多いので。


重さや量に逃げるようなママゴトみたいな甘いトレーニングでは

ほとんど効果はなく。

重さに疲れ、限界レップで疲れ・・・中身薄々みたいな


もの凄いトレーニングやっているのに身体が伴っていない

トレーニーの典型ですよね(^_^;)







自主トレオフでも千葉から来られた加圧インストラクターを

されている方と軽くやっておりまして。


トレーナー経験豊富なようで普段からトレーニングもしっかり

されているようです。


筋肉を動かして効かせることを覚えたいとの事でしたが、見ると

フォームは綺麗ですが筋肉が全然動かせていないようです。


フォームを先に作って動作させていたので運搬だけに

なっているのですね。


負荷の乗せ方、コントロール、ストレッチと収縮、これを個々に

分けて練習。


ストレッチ重視、収縮重視なども。


その動きでフォームをつくり、実際やってもらうと、自重や数キロの

ウエイトでも数レップで潰れてしまい。


高重量経験もあるそうなので、一番優しい強度で実践的なものを。


刺激が強過ぎたそうで、すぐに撃沈してしまい1セットも

まともに出来ない。


厳しいトレーニングは行っていても効かすという経験がないので、

すぐにパンパンに張ってしまい焼付く痛みで耐えられないのだそうで。


「これ出来る人いるんですか?」と、お馴染みのセリフを再三言われて

しまいましが、これは短期間でバルクアップしているトレ歴半年から

1年の初心者でこなせる初歩バージョンですよ


何度も来られているようなビルダ―や屈強トレーニーは、

内容、精度を高めこの数倍の強度でやっていますよ


これまで効いていると思っていたものが全然効いていなかったと

納得されていましたが、今後はこれくらいの刺激を与えて徐々に

強くなっていけば大変身できるのではないでしょうか


「面白い」とか「楽しい」とか何度も言われていましたが、

そうです、楽しいのです(^^)






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>
プロフィール

carenagata

Author:carenagata
代表・長田哲也
  tetsuya nagata
 
カイロプラクター
 (元カイロプラクティック専門校講師)
  スポーツ整体師
  物療技術士
  パーソナルトレーナー

トレーニング歴33年
ボディビル選手権
鳥取優勝
山陰優勝
日米岩国優勝
中国5県優勝
中四国優勝

【パーソナルトレーニング】
運動経験の無い方や筋トレ初心者からボディビル、フィジークの日本トップ選手、全国各地のプロトレーナーはもとよりゴールドジムトレーナー、ゴールドジム公認パーソナルトレーナー、大手スポーツクラブヘッドトレーナーまで延べ2万人を指導。

パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



所在地
鳥取県倉吉市八屋195-10

予約専用電話番号
(0858)26-3125
※非通知は繋がりません

電話受付は午前8時~午後6時

営業時間
(平日)
9時~19時
(土・日・祝)
9時~23時

時間外でもご予約可能です

※完全予約制

【施術】
スポーツ選手のコンディショニングからご年配の方に至るまで様々な症状に幅広く対応します。
腰痛、肩こり、頭痛、疲労、不快な症状、痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。

症例は⇒こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR