FC2ブログ

目的







上半身のトレーニング種目の半数はストラップ巻いて

やっています。


ラットプル30キロでも巻いてやります。

サイドレイズ、アップライトロウでも。


ハムで行うスティッフドデッドでも使用します。


重たい重量を上げるためではなく対象筋をなるべく

コントロールさせたいからです。


今日は背中の伸展練習で、特にチンニングでは握る手が

先に疲れてしまうようなので、ストラップの使用を勧めたら

ジムの先輩から握力も同時に鍛えられるからストラップは

使用しないほうが良いと言われていたそうで。


う~ん、何を目的にやっているかですよね。


握力を強くする為にやっているのか、筋肉つけて身体変える

為にやっているのか。



胸の最後にベンチをやったのですが、上手く行えたようで

胸が焼付くような痛みが襲ったそうで、「わー痛い痛い」と。


でもベンチは上半身の50%が鍛えられると先輩に教わったそうで

「胸だけに効いても大丈夫なのですか?」と。


いやいや、胸に効かす為にやっているのであって


スクワットについても、初めて四頭筋が焼けるように効いたそうで

自重で崩れ落ち、しばらく歩けない。


でもスクワットは全身の力を使って上げるように先輩から教わった

そうで「四頭筋だけに効いても良いのですか?」と


いやいや、四頭筋に効かすためにやっているのであって



どうも先輩から教わった知識が邪魔をしているようで




トレ歴3年半で筋肉が全くつかなかったのは、これまでやってきた

事が間違いだらけなんですね。


正しく行えていれば3年半もやれば別人のように

大変身できるはずです。



見てみると、乗せない逃がす動かさないの絶対筋肉つかない3拍子

になっていたのですが、これではいくらハードにトレーニングしても

疲れるだけで終りです。


これで補助つけたりネガティブ重視で強度上げているつもりでも

空回りしているだけです。



筋肉の使い方など後半はかなり上手く行なえたので、今後は

徐々に強度を上げていくことで大きく変化していきます。




対象筋に負荷を乗せ、逃がさない動かす。

それにより収縮とストレッチを確実に行う、そこから強度を上げる。


これが重要なのですね(^^)






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>
スポンサーサイト



今日も







平穏な一日が過ぎました


朝晩涼しいのですが、日中はまだ暑いですね。


喫茶店行けば70代くらいのお爺ちゃんが、

「寒なりましたな~」なんて会話をしていましたが。


Tシャツ、短パン、サンダルの完全に真夏の格好で店に

来ている私はまだまだ暑いのですが・・・


体感温度が違うとはいえ暑がりにも困ったものです





さて今日は自主トレオフ。

軽く動かす程度に。


千葉から来られたトレ歴1年の方に、基本となる身体の使い方、

筋肉の動かし方をしっかりとやって頂きまして。


力み癖、抜き癖を直しながら負荷の乗せ方、かけ方、

収縮とストレッチ。


ジムでフォームは教わっていたようですが、今まで効かせた

事がないので効く刺激が入ってしまうと、自重でも数レップしか

できない場面も多々あり、パンプ感は強烈だったようで悶絶状態

になるのですね。



フォームを作って対象筋を意識しましょうではなく、筋肉を

動かす事を理解しその動かし方に沿ってフォームが

作られるので、ここがすごく重要なところです。


これが出来るか出来ないかで大きな分かれ道となるのですね。


その意味が読んでるだけでは全然解らなかったそうですが、

実際やってみてよく解ったそうです。



その基本が出来てあとはブレないように強度を上げていく事で

メリハリある大きな筋肉が作られるのです



軽い重量を使いましょうではなく、筋肉が動かせる

限界でやります。


高強度ヘビートレーニングです。

見た目はめちゃくちゃ軽いのですが(^_^;)



効かせるトレーニングを習ったという多くの人が全然効かせられて

いなかったと言われる程、耐えられないくらい効いてしますのです。


効かそうとするのではなくストレッチと収縮が確実にできれば

痛いくらい効いてしまうのですね。




先日お越し頂いたパーソナルトレーナーをされている方から

嬉しいメールが。

「驚くことばかりでした。
自重、3キロ、5キロで全身が筋肉痛。
本当に興味深く、驚きのトレーニング法でした。

教えて頂いたことを復習しておりまた。
が、ハムストの筋肉痛がハンパなくしゃがむのが大変(苦笑)
しゃがむとハムストが膨れ上げっているのが分かるほどです。
軽い重量でのトレーニングで、こんなに効かせられるとは本当に驚きです。
惚れました。

二頭のトレーニングで仕上げに5キロ、3キロ、2キロ、1キロを苦しそうに行っている私を、何人ものトレーニーが不思議そうにみていました。
私自身、長田先生のご指導を受けていなければ、その人たちと同じ反応をしていたと思います。
本当にすばらしいメソッドだと思います」


ありがとうございます








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>






自主トレは脚と腕。

脚20分、腕25分。


脚は昼間にトレ1年の初心者と一緒に行い、歩くと

ガクガク震えるので夜は少しだけ。


初心者といえど腕囲は血管浮きまくって40超えているし、

背中や脚も初心者の域を脱していますし。


無駄な追い込みやハードトレーニングでは変わらないので、

筋肉を使い動かす事だけに集中して攻めます。


自重~15キロのヘビーウエイトでスクワットやブルガリアン、

バックエクステンション、スティッフレッグドデッドリフトを

こなせる強者。



脚に限らずですが負荷抜けて楽に上げようと(動かそうと)して

その状態で重量増やすから、いつまで経っても変わらない現実が

待っているのですね。


重たいウエイトを限界まで追い込んでやるので全身疲労感

で厳しいトレーニングをやったと満足してしまいそうですが

中身空っぽみたいな


頑張っているつもりなのに10人も出場者がいないような地方大会

でさえ結果が出せないようならこのような現象に陥っている可能性大。

多いですよね



そうならない為にもボトムで最大限のテンションがかかっているか、

トップにいくとき必ず抜けるので、ここを逃がさず乗せたままトップで

爆破するような刺激にもっていけるか。

セット後は焼きつく痛みがきているか。



動かせていないものを、補助してもらい限界まで

追い込んでも疲れるだけで身になっていないケースが

多いので、ここは注意したいところです。






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

大胸筋





本日、明日と自主トレオフです。

昨日は大胸筋をやりました。

ダンベルフライ
ダンベルベンチプレス
インクランベンチプレス

この3種目がメインです。

メインではやっていませんがMAX50キロのベンチプレスも

最後の最後に入れます。




今日はそんな胸トレ含め、背中や肩をトレ歴30年の方と。


まずは前回やった動かし方の復習してから、

新たに負荷の乗せ方、伸展練習。

逃がさないよう的確に。


感覚掴んで上手くできるようになったので実践へ。


バルクタイプで腕も太いのですが、もともと胸に効かす事が出来ず、

筋発達が他の部位より弱いのが30年来の悩みだったそうですが、

1セット終わるごとに効き過ぎたそうで我慢できない様子。

結局、3セットで撃沈。


「胸ってこんなに効くもんなんだ!」と何度も言いながら

驚かれていましたが、これはまだ強度弱いほうですが徐々に強く。



最低でも今回くらいの強度で3種目、限界きてから

〆1種目が出来るまで強くなっていただきたいものです(^^)



背中も伸展練習、収縮練習の後は

アップだけで撃沈し、これまた30年来でここまで効いたのは

初めてと言われていましたが、逃がすから高重量が出来るのであって

その高重量慣れはあっても効く事に慣れていない為、今後はもっと

効かせられるようになれば(筋肉動かす精度を上げていけば)大きく

改善していくと思います






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

筋肉を動かす





収縮は対象筋とする部位が盛り上がった状態、また一番筋肉が

強調されている状態、触るとカチカチになっている状態を作ります。

間違っても力んで、他の部位に逃げないようにします。


力み癖があると思うように筋肉つかないので

必ず直す必要があります。



等尺性だの等張性だの等速性だの、説明しても筋肉をどう使うか

ですからね。


伸展では負荷乗った状態、テンションが最も掛かる状態に

もっていけるかが大きな要となってきます。


ここが100%逃がしている人がほとんど。

勿体ない。

一番筋発達に重要なおいしいところです。

あとはコントロール。


どのように負荷を乗せるのかどのように動かすのか、それを理解した

フォームが大切なのですね。

そのへんをフィジーク選手とトレ歴4年の方に。


とにかく逃がし癖があるので、そこを何度も修正しながら。


扱う重量増えても筋肉つかなかったのは体質ではなく、負荷抜けて

ウイエイトだけを動かしているからですね。


力みと逃がしで重さに疲れるだけの運動になっていたようです。


その違いが体感によって解ってきたそうで後半上手くできてたので、

ここからブレずに強度を上げていきます。


ブレずにというのは、ストリクトフルレンジという意味ではなく。

負荷抜けないように伸展と収縮が確実に出来ている事が前提で

伸展のみ、収縮のみ、チーティングやパーシャルもテクニックとして

バンバン使います。






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

ダイエット







施術を受けに来られる女性から、どうやったら痩せられるか

よく聞かれるのです。

今日も聞かれまして。


毎日歩いているけど、全く体重変わらないと。


有酸素運動だけでなく、筋肉も鍛えたほうがとアドバイスすると

筋肉つけたくないと言われちゃいました(^_^;)


続くか続かないは別として体重落とすのは簡単、でも

筋肉つけるほうは難しですよー


男性でも筋肉つかないのに女性がジムで鍛えてもびっくりするくらい

筋肉つかないですよー

と話すとそうなんですか!と。


どこそこのジムがやっているように炭水化物ゼロにすれば絶対

痩せますからね。


でも続かないし、何より不健康。


そんな会話を



個人的には筋肉つけて、メリハリあるモリモリとしたボディを怪我なく

無理なく楽しくをモットーに作っていく事しか興味無いのですが

ダイエット関連の話はよくします。


皆さんダイエットに興味あるんですねえ






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

ハムストリングス・背中






広島からトレ歴9年の方に。

常連さんなので強度アップで。

むちゃくちゃ軽い重量ですが、まだまだ効く刺激に耐えられないので

今回は違うバージョンで強くなるように徹底してもらいます。


本人も言われるようにこの一年で二頭筋と肩は見違えるくらい

筋肉つきましたがもっと強度と精度を上げて他の部位も追いつくように

メニューを課したので今後が楽しみです(^^)









エネルギー補給
moblog_66b506b5.jpg

moblog_1bac6843.jpg


きびだんごとむらずずめを食べてから、

大会経験あるトレーナーとトレーニングセッション。



ハムと背中。

自重~12キロで。

バックエクステンション&
バーベルブルガリアン 10セット

チンニング8セット

後半は伸展重視でひたすら。

ダンベルロウ5セット。



ベントロウ200キロ、チンニング加重40キロ

トップサイドデッド350キロでやっていた高重量時代より

遥かにキツく、比べものにならないくらい効くと言われ

後半動けず。


ここまでの強度でやった事が無いと言われますが対象筋に

効く刺激が強過ぎてキツいという意味で、全身に負担がかかる

キツさではないので身体には優しいのです。






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

横に広げるイメージ






今日は自主トレはオフです。

脚の筋肉痛が少し和らぎました。

早く脚をやりたい(^_^;)

特にハム。

一般的に歳とると一番衰えの早い部位と言われているので。

5キロや10キロでモリモリした筋肉にしていきたいですね。



本日は千葉からジムでトレーナーをされている方に。

遠いところ足繁く通って頂いております。

有りがたい事です。


先月も来られているので、その時の復習から。

負荷が多少抜けているので修正。


出来ていないのではなく、レベルを上げて行っているので。


実際に見てどこが抜けているのか悪いのか確認しながら

一つずつポイントを確かめていきます。


すると

効き過ぎて途端に潰れるのですね。

その精度を上げた状態で進めていきます。


毎回こんなトレーニングが出来ればと言われていましたが

やって下さい(^^)


そこから

さらにワンランクレベルを上げて行います。

脚は自重から数キロで崩れ落ちるので、心折れそうだと


背中は効き過ぎて物凄く反応が良いそうで。


ストレッチ重視と伸展重視を入れながら。

本人も自覚する背中と肩の程ボリューム感が増しました。


濃い内容で出来たと思いますが、来月はその

上をいきます。


強度も上げて








背中も肩も、三角筋を横に広げるイメージで行うのが重要。


初心者や長年筋肉つかないトレーニーは広背筋トレでは

僧帽筋、三角筋、腕が力んでしまい、三角筋トレでは

僧帽筋、腕が力んでしまいます。


力み癖、抜き癖があればどんなにハードにやっても

ほとんど変わらない事に。


力んだ部位の筋肉も動かしているわけではないので、重量増えている

割に全然筋肉つかない悲しい結果となってしまいます。


腕や大胸筋の種目でも力むだけで負荷抜けています。

どんなに頑張っても変わらないという現象に。

スポーツセンターで頑張っている人の99.9%はこれです。



胸も横に広げるイメージで。


力みをどれだけ無くして、対象筋にどれだけ負荷を

乗せれるか(かけられるか)です。


その状態でストレッチと収縮、そこから強度を上げる。

ここまでは基本ですがこれが大切なのです。






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

負荷を乗せる









自主トレは背中と腕。


脚はガチトレを埼玉の現役選手とやりまして

歩き方が変になっています


なるべく自然を装っていますが。


ガチトレの重量は5キロ~15キロで。


短期間で強くなり、初期では効き過ぎる刺激から本番では1セットも

まともに出来なかったものが、最後までやり遂げる強さに。


大腿囲は9ヶ月で4センチ太くなり横から見た厚みが

一番変わったとか。

既に筋肉モリモリの脚から4センチ増は本来大変な事なのです。


筋肉にとってはヘビーウエイトの5キロや15キロで5セットとか

出来てしまうのですから、経験して知っている人はあの強度で

最後までやったの?と驚いているかも。


重さに逃げないように負荷を最大限に乗せて動かすのですから

無駄がありません。

腰も背中も負担ゼロなので怪我のリスクも無く。

とにかく負荷を乗せる。



肩や腕でも太くメリハリある筋肉をつけるには、どれだけ負荷を

ピンポイントに乗せられるかです。


今は収縮と伸展を分けてそれぞれしっかり練習します。


そのほうが、より上手くなり効果も早く感じられるので。



種目によっては伸展のみで筋肉がパンパンに張り裂けそうになり

オールアウトしてしまう事もあります。


伸展で重要なのは負荷が乗った(引っ掛けた)状態でテンション

かかっているかです。


本当に負荷乗ってテンションかかると、これだけで悶絶してしまう

事もあるようです。


先日東京からお越しのパーソナルトレーナーもこの伸展で

悶絶しながら5キロや3キロが数レップで潰れてしまう程、

強度が強いものなのです。


これが出来るか出来ないかで効果が大きく分かれます。

脚、三頭筋、広背筋と三角筋・大胸筋のプレス系は特に。


そんなの感じた事も無いとすれば負荷抜がけているのですね。

重さだけを動かす運搬作業になっています。


筋肉を動かすテクニック、それが結果として効かせる

テクニックになります。


重さ疲れでオールアウトさせても思うような効果は

得られないので気を付けたいところです。




パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

自由に






朝食後は喫茶店でモーニング
大好きな時間
moblog_db92716f.jpg



間食①は喫茶店でミックスサンドとコーヒー
moblog_3d307159.jpg



間食②はまつやで焼肉定食とコーヒー
moblog_6baa42c8.jpg
moblog_14348457.jpg




夜食はすき家
炭火豚丼、から揚げ、とん汁
moblog_21ce563d.jpg





スイーツも
ウマ過ぎ
moblog_d903ae55.jpg

moblog_3ab58095.jpg







大変そうですねとよく言われますが全然大変じゃない(^^)

自由に時間を使い、しかも好きな事、興味ある事しか

やらないので大変と感じる要素が無いです。


おかげでこの数年体調を一度も崩す事なく。


好きな事をやって好きな物を食べるのが一番の健康法かなぁと

日々感じております






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>


高強度




今日は自主トレはオフです。


よく参考にして軽い重量で効かせてやっていますと言われる

方がいますが筋肉を動かせる限界重量でやっていれば良い

のですが、ただ単に軽い重量を丁寧に動作させているだけなら

効果ゼロに近いです。


何故なら負荷が乗っていない逃している動かせていないからです。

100から0でいえば0

ストレス発散や運動不足解消なら問題ないですが。


バーや鉄アレイで良いのかなぁ?
こんな軽いので筋肉つくのかな?

と疑問に感じながらやっているのであれば効果など

同然あるはずなく。

そんなママゴトトレーニングは時間の無駄。


こんなに強度強いのか!
こんな強度耐えられない!
こんなのやったら嫌でも筋肉きそう!

と感じていれば上手くできているかもしれません。




謎だらけで身を持って体感し解明したかったという東京から

パーソナルトレーナーをされている方にお越し頂き。


直前になって知ったのですが某大手ジムで実績キャリア

経験トップで活躍されている方なので恐縮でございます。


基礎から実践にかけて。

元々上手いので精度上げて行います。


力み癖が随所にみられたので、修正しながら負荷の乗せ方

動かし方を何度も練習。


本当に効いてしましとバーや鉄アレイが重すぎて

耐えられないのですね。


悶絶続きで信じられないと何度も言われながら。

3キロ~8キロで撃沈し動けなくなってしまうのですね。

凄いと何度も言われ。


種目によっては自重5レップで潰れ・・。


背中の収縮ポイント、ストレッチポイント、

コントロールの練習。

負荷乗せるとチンニングは1レップも出来ないので、伸展のみで。


どの種目も伸ばす(下ろす)=伸展ではないので、この意味がよく

理解できたそうです。


動かす練習だけで広背筋が焼付いて痛いそうで。

ダンベルロウは3キロで撃沈。


全ての部位でここまで強烈に効いたのは初めての経験だそうです。


これはやってみないと絶対解らないと言われ

今まで何やっていたんだろうとも言われ。


数キロの鉄アレイですぐにオールアウトして筋肉が

動かなくなってしまい

「皆さんこれをやっているんですか?
そりゃ筋肉つきますよ」

と有りがたいお言葉。


無駄な負担が無いので身体には優しく筋肉に厳しいトレーニング

なのです。

いろいろお話も出来て楽しい二日間でした(^^)




今日はトレ歴10年の方も大阪から来られ久しぶりだった

事もあり以前とは違うレベルアップさせた基礎練習を徹底

して行いました。


基礎段階で効き過ぎてやはり耐えられない様子。

この刺激が楽しいと何度も言われて


自重から数キロですがへビーで高強度なのです。








パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

自主トレは肩と腕







今日と明日は自主トレオフです。


昨日の自主トレは肩と腕。


それぞれに止めの種目をやりましたが、

肩3種目、腕は二頭筋3種目、三頭筋3種目で

所要時間55分のトレーニングでした。



基本は同じなのですが(基本は負荷をピンポントに乗せ、逃がさない

ようコントロールさせながらストレッチと収縮の繰り返し)種目の

順番変えたりグリップ幅変えたり。


バーベルやダンベルの動く距離が大きければ大きい程、筋肉を

大きく動かしているわけではないので注意ですね。


むしろ負荷抜けてストレッチも収縮も出来ていないケースが

多いので。


運搬になっているだけですね。


単に本や動画、他の人のフォームを真似ただけで闇雲にマシンや

バーベルを動かすのではなく、筋肉の動きを理解した結果のフォーム

にならないと理想とする身体を作るのは難しいと思いますので。


それぞれに癖というものが絶対あるので。

まずその癖を最初に直さないと。


そういう事を理解せずに、1年やって使用重量も増えてきたのに

筋肉が思うように付かないと言われても、そりゃ当然って話

ですよね


そういった事を踏まえて昨日今日はトレ歴1年半と2年の初心者の方と。


段階追って強度も上げられるようになってきたので、随分と変化して

きているのです。

変化してきている事を周りから言われるのが一番嬉しいそうで。


どんどんハマっていくのです。

回を追うごとにもっと厳しくとか言われますし。

表面上のハードさではなく中身を濃くですね。

変化すればする程、ドMになるようです(^_^;)







パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

間食と夜食







美味しいと評判を聞いていたので和庵へ

天ぷらうどん・親子丼

moblog_c4883897.jpg



天ぷらうどんが780円、親子丼の値段は見なかったので判りません。

味はといいますと、天ぷらは揚げたてで美味しかったのですが

うどんは普通。


大阪で何度か食べた事のあるつるとんたんのうどんのほうが

遥かに美味しいですね。


それくらい美味しいのかなあと思ってハードル上げていたので

ちょっと期待外れ。


親子丼は作り方を失敗したのか黄身が固まり、

白身はさらに固まりになって。


半熟ではなく硬くなった目玉焼きの白身状態。

パサパサ

全然美味しくない


お店の雰囲気や接客はとても良かったのですが・・・。







すき家で

炭火塩だれやきとり丼・から揚げ・とん汁

moblog_4353919a.jpg

美味しいので高頻度で食べています







スイーツはチーズケーキ

moblog_341b31ee.jpg

これは激ウマ
一気食いです








パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

強度を上げて






昨日と今日は自主トレオフです。


脚に何か張りついたような筋肉痛。


昨日、パワーファイターが仕事のような方と恐怖と言われる

脚を。


200キロや250キロでやっても崩れ落ちた経験ないのに

バーや鉄アレイで崩れ落ちて立ち上げれないのですね。

弱くて情けないとか言いながら。


ハムは効き過ぎて最後まで出来ない。


今まで重さばかりで効かす事がほとんど出来ていないのですね。


重さに逃げるの意味がよく理解出来たと言われ。


過去に何度もパーソナルは受けていたそうですが筋肉の使い方など

聞いたこともなくここまで効いたのは初めてだそうです。


信じられないとかショックとか言われていましたが。


これまでの基礎から実践ですが、ここから更にレベルアップです。


キツ過ぎて面白いように効くのが楽しと言われ嬉しい限りです






本日は数少ない女性選手に。


一年ぶりなので、もう一度基礎からという事でしたが、やり方変えて

精度上げたので、胸は焼きつくように痛い、背中も焼けるように痛いと

効き過ぎる刺激に満足して頂けました。


ここからどのように強度を上げていくかなど。


身体の使い方が上手いので今後が楽しみです(^^)






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

丸みのある肩





前から横から後ろから

どこから見ても存在感のある丸い肩を作りたいものです。


よくやる種目は

サイドレイズ
バックプレス
アップライトロウ


サイドレイズは今は8キロがフルで出来きます。


筋肉を動かす事を知っている人からは、そんな高重量で

出来るのが信じられないと言われますが出来るのです。


知らない人が見るとそんな軽いので良いのですねと

言われてしまいます


フルで8キロ

それを2セットやって

12キロをパーシャルでやって

また8キロ、6キロ、4キロという感じで。


僧帽筋、首は力まないように三角筋をここまで動かすのってくらい

グイグイ動かします。

乗せる逃がさない動かす です。


これも肩を横に広げるイメージが大切ですね。


どうしても力むと中心に寄ってしまうので。


これでは肩の筋肉付かないので注意です。


三角筋が2倍に膨れたんじゃないかと思えるくらいパンパンに

なり、腕が上がらないというオールアウト状態から

バックプレスに入ります。


一緒にやると悲鳴上げられますが

ここまではまだまだ前菜みたいなもの。


サイドレイズは収縮を重視しますが、プレスは伸展を

重視して。











moblog_b48e9d2f.jpg




パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

姿勢






身長測る時の姿勢。


壁に踵と臀部と後頭部を付けて顎を少し引いて正面を向く。

これを毎日5分やると、トレーニングで身体の使い方が上手く

なりやすのでお勧めですね。

基本となりますので。


ただ、トレーニングは胸張って見た目良い姿勢で全てを

やるわけではなく負荷乗せる、引っ掛けると種目によって

猫背に見える時が多いですが猫背にしましょうではないので。


筋肉の使い方、筋肉を動かした結果ですね。

ここを理解する必要があります。


負荷をかける意味でやっているのではなく、単に姿勢悪いだけの

猫背でやっている人、意外に多いですが猫背にするのは当然悪い

姿勢で、筋肉付かないだけでなく腰痛めたり怪我の原因にもなるので

直さないといけませんね。



全然筋肉つかないよー・・と言っているトレーニーは

使い方が下手なだけです。


下手のまま重量増やすから下手が上乗せされ下手のオンパレード。


高強度のつもりがどんどん強度下げてしまうパターン。


だから変わらない。


使用重量が増えているのに身体に変化がなければ、運搬作業を

しているだけ。


この場合、筋肉動かして本当に効いてしまうとアホみたいな重量でも

全然耐えられない。


これまでが負荷かける事も効かす事も出来ていないからです。

重さに苦しんでいるだけですからね。


筋肉を動かし強度を上げる事によって身体は大きく変化していく

無駄のないトレーニングを行いたいものです。


まず基本が大切なのです。







パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

自主トレは脚と腕






今日は埼玉で加圧インストラクターをされている方と楽しい時間を


パーソナルトレーナーの中には加圧インストラクターをされている方

も多く。


多いと言ってもトレーナー関係のお仕事をされている方の

10人に1人いるかいないかですが(^_^;)


今月ですと加圧インストラクターは月末にお一人、千葉から

来られますが初めてなので楽しみですね!


今月は初めての方が他にお二人、同じく千葉、そして東京から。

後は全てリピーター。

有りがたい事です













自主トレは脚と腕。


脚は2種目。

後日にガチトレが控えているので歩ける程度に。

今回は種目を減らして。


腕は三頭筋の筋肉痛がまだ残っていますが破裂しそうになるまで

やりました。


各3種目づつ。


バーに2.5キロのプレート付けただけとか、見た目軽いので

何やってるんだろうと思われそうですが。


これでもヘビートレーニングなのです。


バーベルカールのトップの位置は鏡越しに自分を見てバーが鎖骨から

顎の位置ですが肘を上げるように持っていくと収縮が容易になり

上手く入ります。


初歩的な事ですけど、決して曲げて伸ばすだけにならないように注意ですね。






話はがらりと変わりますが

「チャンスは自分で掴むもの」

今さら感満載で、これは昔からよく言われていますよね。


そういった類の本にも必ず書いてあると思います。


行動出来るか出来ないか

もうこれしかないので。


迷うくらいなら行動する。

即決でしょって話です。

優柔不断、行動出来ない人は絶対運やチャンスを逃がす。


自分にもチャンスがあれば・・・ではなく行動してチャンスを

掴みに行く。


そんな会話を施術を受けに来られた方と(^^)






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

上腕三頭筋






昨日は久しぶりにバルキーな方とワンハンドフレンチプレスを

6セットやったら三頭筋が激筋肉痛になりまして

なんとダンベルは12キロ。

かなりの高重量です。


さすがにコールドで上腕囲45センチオーバーもあると逃がすことなく

緻密にきっちり動かしながらでも耐えられるのですね。

悶絶状態でしたがストレッチと収縮にブレがないのが凄い。


こっちがついていけない

後半かなり怪しい。


これでも強いといわれるのですが全然。


もっと強くしなければ。




そんな筋肉痛が激しい中、今日もトレ歴8年の方と種目

ごとに一緒にやりましたが、顔には出さなかったのですが

泣きそうになるくらい筋肉がバーン


上腕三頭筋、広背筋、三角筋をより深く、より精度を上げて、

強度アップで実践トレーニング。



車で片道4時間かけて毎月通って頂いているので非常に

上手くなっているので今回はその3筋群に特化して。


刺激に慣れてきたそうなのでワンランクレベルアップして。


強度上げるとこれまで余裕だった3キロや5キロが途端に扱えなく

なるのですね。

最後は1キロで撃沈。



重さに逃げるような、なんちゃって高重量では無駄な負担ばかりで

強度下げ下げなので注意ですね。


短期間で全体のメリハリ、ボリューム含め腕も随分太くなって

いるのでいかに的確に筋肉動かし強度を上げるかです










パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



<長田ケアセンター>


筋肉を動かす






結果的に軽重量なんですけど、高重量を扱っているような

負荷がをかける。

荷物運びはいかに負荷を分散し楽に動かそうとする。

荷物運びのような筋トレをやるから変わらない。

フォームを真似てやるだけでは必ず負荷抜けの

運搬だけになっているケースがほとんど。

扱える重さとトレーニングの重さは違う。

筋肉つけたくてもつかない人、変わらない人は重りを

動かしているだけ。

重たい荷物運ぶ時、楽ではないですよね。

これと同じでトレーニングの上げ下げでもキツいので

抜けているといっても理解できなのです。

ジムで毎回見かけるトレーニングは上げ下げだけ。

運搬作業です。


重量が軽い重いに関係なく筋肉を動かしてやっている

人は当然ゼロ。

だからハードに追い込んでいる人、軽い重量を丁寧に

動かしている人も皆、ふつうの身体。


なりたいカラダは人それぞれ。

目的によりますから体を動かしたいだけとか運動不足解消なら

それでも良いのですが。

皆が皆、同じ目的ではないですからね。

しかし筋肉つけたい、体型を変えたいと思ってやっているのなら

確実に筋肉を動かなくては。

とにかく収縮とストレッチ。

その為の基礎練習は大切なのです。


今日はトレ歴1年の初心者とパーソナルトレーナーをされている方と。

筋肉を動かし方を何度も練習。

トレーナーをされている方はもう何度もやっているので実践的なものを。

精度を上げる。

全てテクニックです。






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

怪我






昔、同じジムだった人が施術を受けに来られましたが

痛み止めを毎日飲んでいるほどボロボロ状態。


7年ぶりに会いましたがすっかり細くなって。


無理な高重量で長年やってきたツケが50代になって現れ

今はトレーニングはやっていないそうです。


寝返りしただけで首に電気が走るような痛みが出てその度に

目が覚めるとか。

首は痛くて回らない。


右下肢は坐骨神経痛で酷い時期は歩けないほどで、現在は多少の

痛痺れがある程度だとか。


右指先も痺れがあり、肘も腰も痛くて仕事に支障が出ているそうです。

壊した肩も今現在、動き(方向)によっては痛みが走るそうです。


今は医者から処方された痛み止めを毎日飲んでいるが、痛みで

夜寝られないのが辛いと。


こういう現実を見てしまうと、やはり無理なトレーニング、

無理な重量ではいずれ後悔する程、大きな怪我に繋がる

のだなと思った次第です。





やはり無理のない身体に優しいトレーニングが一番です。


怪我しない高強度トレーニングを今日も現役ビルダーと。


復習ばっちりなので希望通り虎の穴より厳しいといわれるものを。

四頭筋、ハムはバーと鉄アレイだけ。


交互にテンポよくやりたかったのですが、1セットで崩れ落ち

しばらく起き上がれない様子。


立ち上がろうとしても、ボクシングでダウンした選手が

立ち上がろうとして、ふらつきならがまた倒れるみたいな。


そんな感じでなかなか立ち上がれないのです。


6セットの予定が随分時間経っての2セット。

これで脚が動けなくなり終了。


その後は通常のセッションとなりました。


これまでは、レッグプレスやハックスクワット、レッグエクステンションで

ドロップセットを何セットもこなし追い込んでいたそうですが、

逃がして疲れるだけのトレーニングになっていたのですね。

だから出来てしまうのです。


それを実感したそうです。


死ぬほど苦しいからそれに気付かないのですね。


その苦しさが効いてる、強度が強いと勘違いしてしまうのかも。


鬼気迫るハードトレーニングやっているのに、身体イマイチなのは

このケースです。


効率良く無駄の無いトレーニングを心がけたいものです。


今回は強度が少し強過ぎたようなので、もう少し下げて段階的に

強くしていけば大丈夫だと思います。


強度によっては効き過ぎて動けなくなりますが、関節や他の部位には

一切負担の無い優しいトレーニングなのです(^^)






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

ティータイム






昼食後のティータイムにと喫茶店までの道中、車を走らせていると

甚平やタンクトップを着た人を見かけました。


まだまだ夏ですね


喫茶店(オリーブ)でミックスサンドとコーヒーでマッタリと


ぼちぼち仕事に戻ろうかと、レジでお会計をしているとカウンター席に

座っていた常連客らしきおじさんから

「凄い体しとられますなー、鍛えてるんですか?」

と声をかけられ。


Tシャツの袖めくって腕筋見せてあげちゃいましたよ。

以前ならこんな事絶対やらなかったのに。


優しい雰囲気を醸し出しているのか最近よく声をかけられるのです


オーナーであるママさんから

「優しい顔しているから体と顔がアンバランスよね フフフ」

なんて言われ





そんなティータイムの後はフィジークの選手と。

最近はビルダーの参戦も多いですよね。

ボディビルとは違いますがもっとバルクが必要との事。


絞れば筋は浮いてきますがギスギスした痩せボディでは

通用しないのですね。


丸みのある筋肉を作るには筋肉を動かさないといけません。


目から鱗とか初めての刺激とか驚いていましたが

まだまだ。

でも楽しいでしょ(^^)


自らもパーソナルトレーナーでそれなりに出来ている

つもりだったそうですが筋肉が全然動かせていない事を

痛感したそうで。


もっと早く知りたかったと言われていましたが、

これはよく言われます。


これはまだ基本のキで今後はもっと精度上げて徐々にですが

何段階にもレベルアップさせたトレーニングが必要です



多くはフォームだけ知って筋肉の使い方や動かし方を知らない。

だから変わらない。


フィットネスクラブやジムで教える立場の人が知らないので

無理もありませんが。


表面上しか知らないから増えるのはダイエットジムばかり。


教えいる人が筋トレ経験なさそうな身体ですからね(^_^;)

はっきりいって素人。


本に書いてあるような知識が頭に入っているだけで中身である

ウエイトトレーニングというものを知らないから、やっても

筋肉つかない。


身体変えたければ、筋肉を使う、動かす、コントロール

これらの基礎を徹底させ、

そこからどのように強度を上げていくかです。







パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

トレオフ






昨日と今日は自主トレオフでした。


毎回どこかしらやっていますので完全休養では

ないのですが。


これで筋量アップしているので超回復って何?って

思ってしまいます。

もちろんやればやるだけ良いわけではなく。




無茶はいけませんよね。

無茶すれば筋肉つかないだけではなく怪我しますから。


身体に優しいトレーニングをやらなければ。



さて、

東京でトレーナーをされている方と部位ごとに軽く。

動かし方も上手くなったので


キャリアもバルクもあるので脚や肩、背中を

実践的なものを一緒に。


楽しいトレーニングでした(^^)






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

間食と夜食






間食にまつやの焼肉定食。

他に食べたいものいっぱいあるのにまた焼肉定食を
頼んでしまいました。
美味しいので

和食屋さんといいますか定食屋さんといいましょうか、
こういうお店が好きなので倉吉にもっとあれば良いのですが。

moblog_e54c8d6f.jpg








夜食はすき家

てり焼きハンバーグ定食と牛丼中盛り。
中盛りは並みの肉6割増しなので牛丼は毎回中盛り。

デミバーグ定食が無くなり、少しだけお値段上がり
てり焼きハンバーグ定食が新登場。
個人的にはデミバーグ定食のほうが美味しかったですね。
正直味はイマイチ

moblog_4b7a28dd.jpg






スイーツはクリーム大福
こりゃ旨い

moblog_1b9425ce.jpg





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

重さに逃げるような低強度ではなく高強度で







今日は広島からトレ歴3ヵ月のホームトレーニーの方に。


二十歳になったばかりの学生さんなのに行動力が凄い!


トレーニングはというと

これまでに「効く」ということを体感した事がないので

効く刺激に驚かれたようで


初心者にありがちな力み癖がちょっとの修正で上手くできてしまい

身体の使い方も上手くこなし、とんとん拍子に進んでいきます。


こういうタイプが本気で取り組むと1年くらいで大化けするのだろうな

と思ってみたり。


種目によっては自重から1キロや2キロが限界だったようですが

軽くて良いのではなく、そこから強度上げて強くしていきます。


重さに逃げるような低強度ではなく高強度で。


乗せない逃がす動かさないは、満足感だけで効果なく怪我のリスクが

高くなるだけ。


軽いから楽で良いなあと思っているようでしたら大間違いで、

筋肉が動かせる範囲、高重量で攻めます。


傍らから見ると軽すぎる重量ですが(^_^;)


まず基本が大切でそこからレベルアップさせて行います。






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

高強度






アウトラインの要、広背筋。

立体感があり大きく広がる背中をつくるには・・・

いかに広背筋をコントロールできるか。

強度上げて攻める事ができるか。


力みを無くし中心に縮まらないよう、肩を横に広げつつ

ターゲットを大きく動かす事だけを意識して。

これ、大切ですね。


トレ歴20年、これまで背中に効いた事がなく種目を淡々と

こなして疲労感だけのトレーニングだったそうで。


重さ疲れ量疲れですね。

勿体ないトレーニングです。


ストレッチのかけ方、乗せ方、動かし方。


これを何度も練習。

そこからのコントロール。


自重だけですが

「効く」を通り越して痛い


刺激が強過ぎて負荷逃がしたくなるそうですが、

逃がさず動かします。


焼付いて痛いと何度も言われ・・・

広背筋がここまで強く効くことに驚きだとか。

簡単ですね。


本来ここから強度を上げていきたいところですが効く刺激に

慣れていない為、焼付いてパンパンに膨らんだ今の状態から先に

進む事は出来ないので、今は出来る範囲でやっていき、徐々に強く

していけば大きな変化に繋がります。



強度にも耐えられるようになったり、常連さんである屈強トレーニー

や現役選手には希望により数段階レベルアップさせた実践になり、

アップ?の段階でオールアウト状態に持っていきそこから1種目目。


これ以上無理と言われますが・・・


あとはどこまで刺激に耐えられるかですね。


実際やれば判りますが6種目も7種目なんて不可能。


細い人ほど多くの種目ををこなしているケースが多いですが

筋肉が動かせていない、強度も低すぎなのです。


基本となるものを徹底する必要がありますね。


無駄に疲れるだけのトレーニングだけは避けたいものです。


やり遂げた満足感だけにならないよう、確実に筋肉を

動かし高強度ヘビーで(^^)







自主トレは腕。

二頭筋三頭筋 各3種目。

今日も最後はバーだけでカール。

これが一番キツい。


チーティングも結構使います。


二頭もですが三頭筋にもっとボリュームが欲しいので、

いろいろ試みています。



今日はトレ歴7年の方も来られて腕囲が34センチしかないから

何とか太きしたいとの事でしたが、やはり筋肉が全く動かせていない

のが筋肉つかない原因。

完全に重さ逃げ。


基礎から徹底的に。

この時点でパンパンに張り過ぎて腕が動かなくなり

「これまで何やってたんだろう」と言われていましたが

これからですね


自重から数キロの鉄アレイ、バーだけですが効き過ぎて数レップで撃沈。

「パンプしました、効きました、焼き付きました」 というレベルは

前提となるもの。


そこから更に一山二山超えた状態までが基本。


そこから先のバリエーションと強度。


これによりモリモリと立体感ある太い腕が作られます









パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

ストレス





「ストレスとかありますか?」


施術中、何気に聞かれる事が多いのです。

今日も聞かれて。


お疲れの方、多いですからね。


それともわたくしがストレス無いように見えるのか・・・

まぁ、ストレス話を聞いてほしいのでしょうね。


話を聞くと、


どこにでも嫌な上司や先輩は居るものだなーと。


わー、面倒臭いなあ、一言で面倒臭い人、

そんなのと毎日顔合わすなんて生き地獄。


そんな上司、無視すればいいいのに・・と思ってしまいますが。


会社勤めならそんな訳にもいかないですよね。


自分なら1日も持たないかも、捨てゼリフはいて辞めちゃうかも。


良いのか悪いのか、ハッキリ言えるタイプなので。


取引先で年下の兄ちゃんから上から目線で理不尽な嫌味を散々言われ。

そんなのあるんですね。


わあ、無理だぁと思っちゃいました。


平和主義、温厚だけが自慢ですがそんな場面に出くわしたら、

タイガージェットシンのように変貌してしまうかも。

我慢なんて無理ですから。


なんて冗談を交えながらの施術でした(^^)





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

動かす練習






本日は自主トレオフでしたが昨日は胸をやりました。

めちゃくちゃイイ感じ。

種目なんて3つだけ。


バーベル 50キロ以下

ダンベル 20キロ以下



ベテラントレーニーやキャリアのある現役選手から

有りえない強度って言われるくらい高強度トレで

やります。

身体にはすごく優しいですけど(^^)


ガチトレや実践レベルで行うと、「こんな強度でやっている人は

見た事ない」とか「この強度で出来る人は他にいるのですか」とか・・・

先週も先々週も言われ、その前も言われ。


今年に入って何回言われたのでしょう。


重さ疲れ、量疲れのようなママゴトみたいな緩いトレーニング

にならないようにです。


表面上だけバードに見えるようなガムシャラ感丸出しの

中身空っぽなトレーニングにならないよう、筋肉を的確に

使い動かして。




そんな筋肉の使い方動かし方を今日は長野からお越しの方と。

トレ歴2ヶ月。


フィットネスクラブで2ヶ月間、トレーナーからパーソナル

を受けていたそうで。


でも全然効いた感じはなく筋肉を使っているという感覚も無く、

これは違うのではと思っていたそうです。


指導は教科書通りの簡単なフォーム説明だけでいきなり種目開始

「はい意識して~」

「軽いですか?ではもっと重くしましょう」

とか(^_^;)

お約束的な指導ですね




早速見てみると、当然ですが全然筋肉が動かせていない。


毎回スポセンで見かけるような絶対筋肉つかないであろう、

乗せない逃がす動かしていない・・という運動になっています。


負荷のかけ方、乗せ方、収縮と伸展を個別に何度も練習。

そこからコントロールの練習。


以前は行っていませんでしたが初心者は背中に至っては

伸展のみの練習で30分以上かかります。


他の部位はもっと短い時間で済みますが収縮練習、

伸展練習、負荷のかけ方など分けて練習します。


無駄が無いようストレッチと収縮が的確にできるように。


筋肉を上手く動かす事ができるので短期間で大きな変化に

繋がるのです。



いきなり種目をやるのではなく筋肉を使う練習は必須なのです。

基礎の基礎です。


これが出来てようやくその動きで、そのフォームになるという事が

理解でき、効き過ぎて痛いという刺激が簡単に襲うのですね。

面白いとよく言われます。


トレーニングが上手くなるのでトレ歴長いベテランでも

苦手部位、弱点が得意部位、長所に変わるのですね。



背中がこんなに効くとは思っていなかったそうで焼き付いて

痛いのだそうで。

効く刺激が強すぎて我慢できないと言われ。


乗せる逃がさない動かすの意味が面白いほど良く判ると


センス良いようでどの部位も非常に上手く行えました!





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

筋肉付き過ぎると・・・








施術を受けに来られたお客さんとの会話。


中学生の息子さんがおられるようで


「中学の年で筋トレやって筋肉付き過ぎると

身長伸びなくなんるんですかね?」


筋肉付いて身長伸びなくなる事はないですが、

突っこむところはそこではなく、「筋肉付き過ぎると」ってところ。


どうやったら筋肉付き過ぎるのって話ですよね(^_^;)



スポーツセンター行けば皆さん一生懸命トレーニング

されています、中には鬼の形相で血管ブチ切れそうな程

ハードにやっている人もいますが、筋トレ経験無さそうな身体

している人ばかり。


フルスタック(マシンの重り全部)でやっている人でも

全然筋肉が発達していない。


現実はそんなものです。


フリーウエイト、マシンを必死に動かしているだけですから

仕方ないのですが。


効かす事が出来ない、テクニックで筋肉動かす事が出来なければ

いくら頑張っても筋肉は簡単に付くものではないので

「筋肉付き過ぎると・・・」という心配は無用という事ですね





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

太い腕







炭水化物をカットしてガリボディに変わっていくのではなく

筋肉でメリハリある体型に。


海外の女性モデルは明らかに筋肉でのラインで綺麗な

身体していますが日本は痩せたもん勝ちみたいな。


そんな話をしながらパーソナルトレーナーをされている方とセッション。


最近はボディデザイナーと名乗るのが流行りみたいですね!





それはそうと、腕が全然太くならないのが悩みだとか。


実際見てみるとフォームは綺麗ですが筋肉が全然動かせていない。

その辺は1秒見ただけで判ります。


筋肉で隆起した太い腕を作りたいなら、筋肉が張り裂けそうな

痛みが襲い、破裂しそうな痛みに耐えられなくて負荷抜きたく

なるくらいの強い刺激を与えないといけません。


重くて辛いとか限界レップでオールアウトとかでは効果無く。

そんな甘い事やっているようではダメなわけでして。


限界まで追い込んでも筋肉動かせていなければ無駄疲れに

終わるので勿体ないです。


バーベルカールでもダンベルカールでも強く収縮

させないといけませんが無駄に力入り過ぎる癖が。

腕細い人の特徴。

これベテランでも非常に多いです。


そこを修正して負荷乗せて収縮させると上手くコントロールが出来ます。


バーではなく二頭筋を持ち上げるって感覚に近いです。


三頭もボトムで抜き癖があるのでここから直さないといけません。


抜き癖あるのが普通なので練習は必須。


あとはそのまま絞り込むように収縮。


あとはバリエーションと強度です。





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

ホームトレーニー






本日も自主トレはオフでした。


一昨日の腕トレの筋肉痛が残っておりますが、今日はトレ歴2年の

ホームトレーニーと一緒に。


ジム経験無しのトレ歴2年とはいえ、7ヶ月前から片道4時間かけて

頻繁に通われているのでその辺の初心者とはレベルが違い過ぎ。


ベテラントレーニーでも一緒にやったら潰されるかも。


脚、肩、背中も一回りバルクアップし上腕囲も計ったら40.3センチに

なったそうで、デカくなったぜーと喜んでいましたが、サイズが全て

ではないですが、メリハリや凹凸感、密度感を高めて理想とする

身体に近づけていければ最高ですね


「今回はガチで厳しくお願いします」という事前の要望でしたので。

ならば前回より倍の強度

バージョンアップさせて。


重さや量を倍にするのではなく中身ですね。


バーや鉄アレイがメインなんですけど、筋肉が破裂しそうで

痛い痛いと呟き。

1セットで悶絶。

筋肉がオールアウトしてダウン。


全然続かないので予定していた強度には程遠く。


効き過ぎを通り越すと焦げ付くように痛いのです。


効いたとかパンプしたなんて言っているようでは甘いのですね。


ここがスタートで、そこから強度上げて進めていきたいのですが、

今日はこれに近いバージョンで一緒に行いました。



今日も収穫ありで非常によかったですと言ってもらえて

嬉しい限りです(^^)











トレ後はバームクーヘンやベイクドチーズケーキなどの
焼き菓子でエネルギー補給

moblog_3eebc09f.jpg






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>
プロフィール

carenagata

Author:carenagata
代表・長田哲也
  tetsuya nagata
 
カイロプラクター
 (元カイロプラクティック専門校講師)
  スポーツ整体師
  物療技術士
  パーソナルトレーナー

トレーニング歴30年
ボディビル選手権
鳥取優勝
山陰優勝
日米岩国優勝
中国5県優勝
中四国優勝
他、入賞多数

パーソナルトレーニングでは運動経験の無い方や筋トレ初心者からボディビル、フィジークのトップ選手、全国各地のプロトレーナーはもとよりゴールドジムトレーナー、ゴールドジム公認パーソナルトレーナー、大手スポーツクラブヘッドトレーナーまで延べ2000人を指導。

パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



所在地
鳥取県倉吉市八屋195-10

予約専用電話番号
(0858)26-3125

電話受付は午前8時~午後6時

営業時間
(平日)
9時~19時
(土・日・祝)
9時~23時

時間外でもご予約可能です

※完全予約制

スポーツ選手のコンディショニングからご年配の方に至るまで様々な症状に幅広く対応します。
腰痛、肩こり、頭痛、疲労、不快な症状、痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。

症例は⇒こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR