FC2ブログ

今日は




長崎からお越し頂きました。

トレ歴1年半、ホームトレーニーです。


1年半やっても目に見えた効果が出ないとの事でしたが

全然筋肉が動かせていないのですね。


特別フォームが悪いわけではなく、スポーツセンターなど行けば

多くのトレーニーが同じように、筋肉を動かす事が出来ず、

黙々とやっています。


そのやり方では100年経っても変わらないと冗談を交えながら

始めましたが、終了後にはこれまで無駄な事をやっていたのが

よく分かった、確かに100年経っても変わらないですねと


シックスパックを目指すためクランチは30回数セット

日によっては50回・60回行っているそうですが、見ると

収縮も伸展もできていません。


これも多くのトレーニーに共通です。

早速やってもらいましたが、数回で限界。

腹の焼き付き感が半端ないと。

3セット目は3回出来ません。


これまでは今より伸展を甘くしていましたが(甘いといっても

10回以上出来る人はほとんどいません)伸展を重視することで

短期間で効果をあげる方が出てきたので収縮並みに伸展も

しっかり行います。

出来ない方は強度を下げます。

ただの曲げ運動にならないよう、腹直筋を動かす事ですね。




大胸筋が中々発達しない場合は、まず自重でどれだけコントロール

できるか、それを覚えることです。

コントロールできれば、自重でも効きます。

効くだけではだめです。

そこからウエイトを乗せていき強度を高めていけば大きな改善に繋がります。

発達しないからとウエイトをどんどん重くするのは、発達から

遠ざけるケースが多いです。

軽ければ良いわけではなく重ければ良いわけでもなく、主動筋に

どれだけ強い負荷が掛かって確実に動かせるかです。


このマシンが・・この種目が・・ではないのですね。

広背筋でも同じで、頑張っても筋肉付かない人に

この種目をやってみたら・・このマシンを使ってみたら・・

ウエイトをもう少し重くしてみたら・・なんてアドバイスされた

経験がある方もいると思いますが、収縮伸展が出来きて

いなければ何をやっても変わらないのですね。







130330_192717.jpg




パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>
スポンサーサイト



腹筋


シットアップはあまりお勧めしませんが腕をクロスして

肩に手をあてる人が多いですがそれをやったから負荷が

増すというものでもなく、腹を触って動きを確認した

ほうがいいです。


クランチもレッグレイズもです。

ほとんどの人は腹の筋肉を動かせていない、

収縮も伸展もできていません。


絞り切らないと腹筋が見えてこない、割れないと

思っている人も多いようで、毎日やっても弛んでいる、

割れていない、鍛えた感の無い腹をしている人は

出来ていないだけです。

他の筋群と同じです。


無駄に何十回も曲げ運動、足上げ運動しているだけなんですね。

本当に筋肉を動かしてできているのなら、弛んだお腹なんて

有りえません。


伸展は反らしません。

器具や台によっては30度後ろに反らす(傾ける)のもありますが

反らす必要ありません。


収縮も丸く曲げれば曲げるほど逃がしています。

収縮されていません。

だから何十回も出来るんですね。

だから筋肉付かないのですね。




筋肉無いから減量して完全に絞りきらないと

割れないなんて思ってしまうのです。





パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

限界まで追い込む



「筋肉の発達を最大限引き出す為には

筋肉を限界まで追い込む」



これ、よく言われている事だと思いますが筋肉が

上手く収縮伸展できての話なんですね。


もっと重量を上げろ、もっと限界まで追い込め・・・

多いですよね。

よく見かけます。


憑りつかれたように物凄い集中で限界まで

追い込んでやっている人もいますが、身体は

鍛え込んだ感じさえ無いという方々。


限界まで挙げるので疲れて終わり、頑張った感 

満足感はあります。


その頑張りに伴う身体が作れない。

それでよく質問を受けるのです。

追い込んでいるのに、使用重量は上がっているのに。

太くならないんです、変わらないんです。

どうすればいいでしょうか?と


筋肉をコントロールさせる
筋肉を動かす
収縮伸展させる

一番重要な事が出来ていないのですね。


それが出来て様々なバリエーションを付ける事で

大きく進化していきます。




パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>




全て処分しています。

古本屋に売ったり人にあげたり。

本を集めるのが趣味ではないので。


ボディビル関連の本もありません。


小説や漫画は読まないので、本を読む時は

何か情報を得る時、仕事、生活に必要な情報を

得る時・・・・


これは!!という内容なら一回読んで頭に入りますよね。


必要ない、どうでもいいような事はスルー。


頭に入ればもうその本は必要ありません。

いいとこどりでそれを仕事に生かす。

無駄を省く。


読んで「なるほど」と満足だけしてしまう人も中にはいるかも。

たくさん本を読んで、なるほどなるほどで終わってしまう。


そうならない為にもしっかり応用し仕事を含め生活面にも

生かしていきたいですね。


昔はストレスまみれでしたが今はそういうことは皆無。

変われるか変われないか自分次第ですね。







パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>


久々に



ストレッチを1時間やりました。


ストレッチ好きなので1日トータルで

20~30分はやっているのですが。


気持ち良いですね。

楽になります。








今日は午前中に宅配便が・・

何かなぁと箱を開けたら

おおっ~
焼き菓子でした
ありがとうございます
130324_093123.jpg






パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

割れた腹筋



割れた腹筋、シックスパックとも呼ばれますよね。


体脂肪率が一桁じゃなくても割れた腹筋は造れます。


多少脂肪が乗っていても、胸や脚にストリエーションや

背中や肩にもカット浮いてる人もいるでしょ。


腹も同じで多少脂肪あっても腹直筋がしっかりあれば

割れているのですね。


もちろん分厚い脂肪は落とす必要あります。

その場合食事改善もしっかりとです。


毎日毎日、シットアップやクランチを何十回も何百回やっても

変わらないのは何故か?


腹筋割りたい、引き締めたいとの目的で毎日毎日、

何ヶ月、何年と続けてもそれほど変化がなければ

「あれ?やり方間違っているのかな?」と

気付いてもよさそうなものですが。



それはつまり腹直筋が動かせていないからですね。


上半身を折り曲げるだけで収縮できていないのです。


毎日腹筋頑張っているのにお腹がたるんだままの人も

多いはずです。

太っているわけでもないのに。

ほんとうに収縮させれば何十回もできないはずです。


逃がすから何十回も出来てしまうのです。


プレートやダンベルを持ってやる人もいますが、

逃がすテクニックが上達しただけなのです。


本当に腹直筋を使ってウエイトが持てるのであれば

深い隆々な腹が作られているはずです。


胸や肩、腕だって同じです。

扱うウエイトは重いのに筋肉なければ、その筋肉が使われて

いない、動かせていないのです。


腹も他の部位同様しっかり動かして収縮伸展させなければ

いけません。


本当に収縮させれば数回で筋肉が焼き付くでしょう。

顎は引きませんし二段階で収縮させなければ効果は

中々現れないと思います。







パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

おもしろグッズ




買う人いるのかなぁ


飲むだけ、座るだけ、巻くだけ、〇〇だけ・・・

そんなの無い無い




isuslc.jpg






知名度あるアスリートが腹に巻いて広告になってましたが
プライド無いのかお金に困っているのか
これで腹筋割れるならビルダーみんな巻いてますよ
7401otsg121024-1.jpg








パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら

<長田ケアセンター>

バルキー




空手歴20年、筋トレ歴20年

熟練者です。

どの部位もデカいバルキーな方!


筋肉の動かし方、コントロール


全て自重から入ります。


フライも自重から。


それでもけっこうキツいと。


動かし方を自重で体感した後、重量を乗せます。


聞くと物凄いパワーを持っているので、7.5キロでも

出来ましたね。


これが扱える最大重量です。


背中も初めての体感だったそうです。


肩も1キロしか扱えませんでしたが、ここまで強烈に効いたの

やはり初めてのことだったそうで。


「これは筋肉付くわ」と。


強烈な刺激ですが関節に負担はありません。



筋肉をどう動かすかです。

重量に振り回されるトレーニング

フォームだけ正しくしているつもりのトレーニング


見た目のフォームだけで中身はゼロも多いのです。



身体の使い方、筋肉をどう使いどう動かすかが大切です。









Image179.jpg





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

間違いだらけ



本を読めばどれも同じような事が書いてあります。

その知識が入り、それを伝え、それを教え。

それをまた、ネットや本で発信する。


中身を伴わない上辺だけの知識がどんどん入る。



マシンは使いやすい、だから初心者向き、

軌道が安定しているから効かせやすいなんて言っている

指導者がいたら避けたほうがよろしいかと。

それは何も解っていない完全な素人さんのセリフ。

解っていない事が解っていない。




筋肥大もどれだけ重いウエイトを挙げるかではなく

どれだけ上手く筋肉を使うか。


けっこうな重さを扱っているのに目に見えて大きな

筋量を持っている人は少ないです。

カール50キロでやってもふつうな腕の人もいます。

400キロのレッグプレスをやっているのに、脚はすらっと

細いまま。


何故?


負荷を逃がして分散させて本能のままに楽な軌道で行う。

どんどん重い重量が挙がる。

筋力が強くなったと勘違いしちゃいますよね。



表面的な解釈だけで、重量を追い求める結果、全然進歩

しない人が多い現実。




しっかり曲げて収縮させて・・・

しっかり伸ばして伸展させて・・・

教えている指導者?が収縮も伸展も出来ていない。

出来ないものを教える

不思議な筋トレの世界


マシンの使い方

本に書いてあるフォームの説明

胸の種目なら胸を意識しましょうとか・・・・

意識という言葉が好きなようです。

そんな意識はいらない。


負荷の乗せ方から角度、軌道、収縮と

伸展、それを作るためのポイントは。

それらを繋げての動かし方、

その意識が重要。


フリーウエイトでそれができればマシンに移行しても

上手くできます。


初心者にフリーウエイトよりマシンを勧めるようでは

問題外。


筋肉の動かし方も分からずマシンを延々使うだけ。

胸を張る、肩甲骨を寄せる、広げる、

しっかり引く、伸ばす、

形だけできても無意味。

だから変わらない人が多いのです。







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

自重


部位によっては自重だけで行います。


脚はほとんど自重です。


自重での楽なトレーニングでも効かせる事で

筋肉が付くのですか?

このような声をたまにお聞きしますが・・

楽?

自重が楽??


トレ歴10数年、脚は毎回ヘビーにガンガンやっています。

脚大好き。

でも腰や膝が痛いのも事実。

腰や膝に負担をかけず脚を今まで以上に鍛えたい。

脚メインでやりたい。



自重でも当然ながら強度の加減はできます。



自重での脚トレ、覚えてもらう段階でオールアウト。


もういっぱいいっぱいだと。


筋肉を上手く使い、収縮伸展が正しくできた結果です。




自重から数キロというのは筋肉を動かす事のできる

最大重量であって、当然ながら動きを覚えていけば

重量を増やしていき軽い重量を丁寧に行っているの

ではないのですね。








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日のトレーニング



ラットプルダウン    30~40キロ
ダンベルロウ①    16キロ
ダンベルロウ②    12キロ
バーベルカール    19~24キロ
ダンベルカール①   8キロ
ダンベルカール②   6キロ




広背筋をどれだけコントロールできるかです。


筋発達を狙うなら何キロ引けるか(扱えるか)

ではなくコントロールし動かす事のできる最大限の

ウエイトで上手く収縮伸展させることが重要です。


広背筋がつかない、変化しない、思うような効果が

得られない人は一生懸命ウエイトを引き伸ばししている

だけで動かせていないと思われます。


伸展は胸を張ったり腕を伸ばしすぎないよう注意が

必要です。


二頭筋は肘を閉めない事、肩を下げない固定しない事です。

二頭筋を押し上げるように収縮させます。










moblog_0060b943.jpg




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

怪我



筋トレで怪我(痛める)をするほどバカらしい事は

ないと思います。


トレーニーの多くは扱うウエイトの割に筋肉が付いていません。


筋トレ経験なさそうな身体の人さえいます。



筋肉を上手く使う事ができない下手な証です。


しかし毎回限界に挑戦みたいなトレーニングをしている人も多い。


中には無理なトレーニングによる怪我が元で

膝や肘の手術をする人もいるのだとか・・・


私生活にも影響出まくりです。


高重量に酔いしれる結果、身体はボロボロ。

いったい何目的でやっているのでしょうか!?




負荷を逃がせば逃がすほどウエイトは挙げやすくなり

力が強くなったと勘違いし、どんどん重くする。

下手なトレーニングがどんどん下手になる。


マシンでも多い傾向ですね。


筋トレ始めて1年、3年、5年・・・使用重量は伸びているのに

身体はそれほど変化がないと感じている人は筋トレとしての

筋肉が使えていない動かせていないのです。






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

感想


パーソナルを受けられた方から後日、感想メールを
頂くことがあります。
その一部です。




「自重であれだけ効くことに驚きでした。
いままでいかに重さに頼っていたかを痛感しています。
大変貴重な体験ありがとうございました」


「土日は大変お世話になりました。本日は腕も脚も
筋肉痛でペンギンのように歩いています。
すばらしいトレーニングでした」


「あれから土、日曜日と全身のこれまでにないような
筋肉痛で動けず・・・
今までいかに負荷を逃がしていたか、間違った方法で
やっていたかを思いしりました。
長旅でしたが、本当に行って良かったと感じています」


「大変勉強になり有意義な時間を過ごせて大変感謝
しております。
これからも教わったことを反復勉強しトレーニングに
励みたいと思います」


「おかげさまで本日は凄い筋肉痛です。
あれだけの運動でこんな状態になるとは改めて驚いています。
教わった基本種目を1~2ヶ月みっちりやり込んで、、また
倉吉にパーソナルを受けに伺います」


「気持ちの良い(!)筋肉痛を感じております。
先生に土曜日、日曜日と文字通り手取り足取り教えて頂き
自分の今後の人生にとって大きな財産をいただいたと思って
います。
今後も復習等でお世話になることもあるかもしれませんが
その際は宜しくお願い申し上げます」


「昨日はとても有意義な時間を過ごせたと思います。
おかげさまで全身筋肉痛です笑
やはりそれだけ筋肉にピンポイントで効いている証拠
だと思います。
これからは毎日復習をして実践して行きたいと思います」


「沖縄に戻りすぐに、ご指導頂いた内容を忠実に反復したところ
筋肉痛がなかなか引かない状態がずっと続いています。
休息も筋肥大には必要ということで各部位を一日おきの
感覚でガンガン鍛えこんでいます。
自分の体で肩と胸をもっとデカくしたいというのが一番の願い
なんですが、腹筋が想像以上に弱いというのが分かったので
腹筋を出来る限りみっちり鍛えるようにしています」


「ご指導いただきありがとうございました。
おかげさまで今は身体中がパンパンです(汗)
教えて頂いたことを実行して夏までに良い身体になるように
頑張ります」


「どの部位も初めての感覚ばかりで、あっという間に時間が
過ぎていてびっくりしました。
そして、筋肉の伸展・収縮を実感できて、本当に楽しかったです」


「日曜日ありがとうございました。
正直後半はかなりバテました。
全身筋肉痛です。
昨日は胸と腕、腹筋をしました。
胸はプレスがなかなかできませんでしたが腕はよく効いている
感じがします。
腹筋はレッグレイズまで出来ませんでした。
クランチで撃沈しました。
夏までに一度お伺いしたいと思っていますのでその時は
よろしくお願いいたします」


「ご指導どうもありがとございました。
筋肉の使い方が理解でき、今までにない効きがピンポイントへ
直できましたので大変勉強になりました。
これから反復復習しながら身体作りをしていきます。
またご指導お願いしたいと思います」


「今日はあっちこっちが大変な事になっています。
特にフロントヘッドが・・・
車の運転やシフトチェンジも大変・・・
シャンプーで頭洗うのも大変
ブログ読んだだけの人は?だと思いますが、実際
指導受けてブログを更に読み返すと!!です」


「中々上手く出来ない種目もありましたが、感覚的には
非常に理解できたと思います。
早速、今夜から復習を始め、1日でも早くご教授頂いた種目を
習得します。
明日からのトレーニングに生かし、9月の大会では、
イメージチェンジした体を披露できるよう頑張ります。
重ねて「リアルボディビル」のご教授ありがとうございました」


「パーソナルトレーニングご指導頂きありがとう
ございました。
昨日は広背筋・二頭筋・三頭筋・腹筋・・・・全身筋肉痛です
短時間の指導で・・・・凄いと再認識しました。
明日からのトレーニングはご指導頂いた事を思い出しながら
筋トレに励みます」









パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

収縮・伸展



筋肉を動かす、そしてトップ、ボトムでの収縮と伸展が

的確にできているか。

全てはそこですね。

軽いウエイトを丁寧にやっても出来ていない。


その部位に気持ちだけ意識を持っていったところで

何もなりません。

肩を大きくしたいのなら肩の筋肉をコントロールできなけば

いけません。

サイドレイズは収縮重視ですが収縮できている人がいない。

横に振り上げるだけ。


当然肩が目に見えて発達する事はありません。

収縮できていないのに何キロ挙げたとか

限界まで追い込むとか論外。

背中も伸展した状態から収縮させなければいけません。

胸を張って引くだけ伸ばすだけで負荷が抜けているのを

よく見ます。

これではどんなに頑張っても逆三角形になる事はありません。


腕も筋肉をコントロールできないとどんな種目をしても

効果が望めない。

コンセントレーションカールが二頭筋のピークを作るとかでは

ないのですね。


収縮が出来ていなければどの種目をやっても効果が出ないのです。


三頭筋の長頭や外側頭もこの種目をやれば効くとかではなです。


その種目に対して筋肉を動かし上手く収縮伸展させられるかです。



しっかり収縮させましょう、しっかり伸展させましょうと言って

解説している人が出来ていないのも多いですね

動きを見るまでもなく、その身体が全てを物語っているという

事もあり・・・


また、気合だけの追い込みにならないように、その逆で丁寧に丁寧に

行うのではなく、ターゲットとなる部位その筋肉をどう動かすかを

理解して行う必要があります。




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

加圧トレーナー



今日は加圧トレーナーの方に。


週末も加圧トレーナーの方でした。

トレーナー関係の方が多いです。

その間にも初心者やベテラン、ホームトレーニーや
アスリートの方等々

有り難いことです


本日いつものように筋肉の動かし方をしっかり

体感していただきました。


自重から数キロですが部位によっては

筋肉が悲鳴をあげるほど効きます。


関節への無理な負担は一切ありません。


セット後は歩けなくなる程強烈な脚トレ。


しかし腰には全く影響ありません。


腰痛持ち、バーが担げない人でも高強度の

トレーニングが可能です。








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

筋肉を効率よくつけたいのですが

    

   
   筋トレの質問です。

筋肉を効率よくつけたいのですが毎日できる
筋トレメニューを考えてくれませんか?


筋肉をつけるには何分割でやるのがいいですか?


時間がなくて1日30分しか筋トレ時間がありませんが
30分でも効果のでるメニューを教えて下さい。



メールでの筋トレ質問は受付けていないのですが
たまにこのような質問が送られてきます。



過去の記事を読まれたらお解りになると思いますが、

この種目やメニューこの方法、この分割法で筋肉が

付くというものではないのです。


また何分、何時間トレーニングしたから筋肉がつくということ
でもないです。


何分割とかでもなく、スーパーセットやドロップセットなどの

筋トレ法や追い込み、高重量でガンガンやったからと言って

付くものでもなく低重量で丁寧に行っても付きません。


5年10年頑張っているのに普通の人とそれほど変わらない

身体している人が多いのが現状です。


思い通りに発達する人なら良いですが、中々発達しない

人は中身が出来ていないのです。


それを解らず、重量が重すぎるだの軽すぎるだの超回復だの

上辺だけの知識でアドバイス、指導されるからいつまで

経っても変わらないのですね。


前提となるのは、いかに筋肉が使えているか動かせて

いるかです。

筋肉付けようと始めた初心者も1年やって大きな変化がなければ、

3年後も5年後も変わることはありません。

少し筋肉ついたかなというレベルでその後何年も変化しない

ケースになるでしょう。


メニューや扱う重量を変化させたところで同じです。


筋肉を効率よく付けるにはトレーニングメニュー云々

ではなく、まず筋肉を的確に動かすことですね。







パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

タンパク質


一日のタンパク質の摂取量


これは計算した事がありませんね。


意図的に高タンパク食にしているのではなく

食欲あるほうなので結構食べているから栄養価は

満たされているのかなぁくらいの気持ちです。

全てが都合よく吸収するわけじゃないので、計算しても

あまり意味が無いような気がします。











頂いたラーメンと饅頭
夜食に

130309_201131.jpg


130309_201102.jpg





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

ベントローイングの注意点



ローイング系の種目、特にベントローイングを

やると腰が痛いと言われる方が多いですが、

上半身は決して固定しない事です。


筋肉つかない人に多い間違いです。


固定すると広背筋が上手く動かせないばかりか

腰に無理な負担が掛かりやすく、痛める可能性があります。


ロープーリーで上半身を固定しませんよね。


上体の動きとしては、ベントローでもダンベルローでも

あれくらい動くのが自然です。


ただ伸展で胸を張ることはありません。


伸展が弱くなります。


負荷を逃がすという事です。

負荷を逃がすから高重量が扱えてしまう。


広背筋より腰に負担がきて、いずれ腰が痛くなる事に

なるのですね。


背中の発達がイマイチなのにやると腰が痛いというのは

やり方が完全に間違っていますので、改善が必要です。





パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

マウンテンバイク



マウンテンバイククロスカントリー

この競技をされている方が身体のメンテナンスの為、

定期的に来院されます。


背中や臀部が重い怠い症状、あと固まってる感じがする

のだそうで、筋肉の硬直そしてバランスを崩しています。

頸椎にも歪みがあります。


これらは筋肉の調整、脊椎の矯正をする事で改善します。


施術後は調子良くなるそうで、良いトレーニング、


良い練習が出来ます。



来月から大会シーズンだそうですが、活躍が楽しみです!







130309_134030.jpg




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

上腕二頭筋を太くするには


チーティングやストリクトといった問題ではなく

正しい伸展状態から上手く収縮させる事です。


曲げきれば収縮だと勘違いしてる人が多いようです。


ストリクトでのバーベルカール50キロ×10レップスを

見事?に負荷を抜いてやっている人もいますが

筋肉を使うテクニックではなく、発達から遠ざける

逃がすテクニックが身に付いてしまったケースなのですね。


トップ、ボトムで逃がすから高重量が挙げってしまうわけです。

扱っている重量に対し、筋肉が付いていない。


このケースは非常に多く見られるので要注意です。


まずはトップで力こぶが出ているか、消えていないか

確認してみて下さい。

肩を下げていないか、これも確認してみて下さい。







Image160.jpg




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

効かせる



効かせるトレーニングとか言いますけど

効かそう効かそうと思ってやるのではなく

収縮とストレッチが正しく行えた結果、効くのです。


効かす事ができないから重量を増やすというのは

トレーニングの基本が出来ていない、下手なだけ

なのです。


高重量じゃないと効かないというのは、筋肉が動かせて

いない、正しく収縮ストレッチができていない、

重い物を持ち上げるので効いている錯覚に陥りますが

実際は効いていない場合が多いのです。


バーベルカール50キロでやっても、腕が細い人

サイドレイズ20キロでやっても肩が小さい人

スクワット150キロでやっても脚の細い人

多いですよね。


扱うウエイトは重いのに身体は「あれっ?」と

思ってしまうような人結構います。


重量だけを一生懸命挙げる、その辛さを効いていると

勘違いした結果、何年経っても変わらないという悲しい

結果を招く事に。




今日は新潟からホームトレーニーの方にお越し頂きましたが

自重から数キロで筋肉が焼き付く感覚、効く感覚を体感

したそうです。


筋肉を上手く動かす事で1キロ程度でも強烈に効くので

セット後は使った部位を手でさすってしまうほどです。


肩も背中も腕もパンパンに張ります。


効かせましょうではなく筋肉をどう動かすか、収縮伸展が

正しく出来るか、それらが上手く行える事で効くのです!






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

花粉



唯一の天敵は花粉


晴天続きで気温も上昇


花粉が舞っています


花粉の量が去年の7倍だとか


マスクが手放せません


鼻水が止まらない時は鼻にティッシュを詰めて

マスクをしています


息苦しい~


こんなんじゃトレーニングできないなぁ



やってますけどね



この花粉、あと一ヶ月の辛抱です








パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

追い込み



無駄な追い込みで達成感だけ得ているケース

にならないようにしたいものです。


前回より少しでも重く、前回より1レップスでも多く・・


身体を変えたいのに重量を挙げるだけが目的に

なってしまう事がよくあるようです。


扱っている重量と身体が見合わない人は多いですが、

筋肉を使う・動かす事から遠ざかり腱や靭帯の負担

だけ増しているだけなんです。

高強度と勘違いしてしまうのですね。




今日は大阪からトレ歴二ヶ月の初心者の方にお越し

頂きましたが、筋肉の刺激が強すぎるので無理せず

レベルに応じてやってもらいます。


カールを自重でやった後、1キロでやってもらいましたが

これまで見た事もないという血管が浮き上がってきました。

パンパンではち切れそうです。

これが高強度トレーニングなんですね。


身体を変えたければ初心者は初心者なりに、

中級者は中級者なりに高強度トレが必要です。



歯を食いしばって高重量を挙げるのが高強度では

ありません。

高強度トレーニングではなく優越感に浸る

自己満足トレーニングです。


何が目的かですよね。



重さを増やす事が強度を増すのではなく、どれだけ強い

刺激が的確に伝えられるかです。

その範囲内の扱える重量を使います。




サイドレイズは腕を横に振り上げるのではなく、僧帽筋が

上がらないよう三角筋を上げるように動かします。


アップライトは肘をリードさせず前腕を平行に、トップは

肘ではなく、三角筋を上げるように行います。


カールは脇は閉めない、肘は体側より少し前、トップでは

肩が少しあがります。

多少詰まった感じに見えます。


これらの種目は収縮重視ですが、ほとんどの場合出来て

いないようです。

重量を増やす前に、やるべき事があるのですね。




パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

トレーニング後


トレーニング後は必ず甘い物を食べます。


疲れがとれます。

回復に良いです。

元気が出ます。



トレ後、コンビニでアイスやケーキを買っているところを

スポセンメンバーに何度か目撃されています





こちらは頂きもの
ありがとうございます

130303_164032.jpg

130303_211546.jpg


あっ!これは豚まんですね
めちゃうまでした
130303_210804.jpg






パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

猪木vsモハメドアリ



http://www.youtube.com/watch?v=z6Bu5Ki4DHo

動画は1978年となっていますが、実際は1976年に

行われています。

この伝説の試合を生で観戦した方が身近にいたとは!


今のように異種格闘技戦なるものがまだ無かった時代に

このような試合が組めるのが考えられない事なのです。


この試合、タックル、投げ含めプロレス技がほとんど

禁止だったようで地味な展開で終りましたが、現在のような

総合ルールならかなり面白い内容になったのではと想像します。


この時、自分はまだ保育園児、その後、小3でプロレスに

興味を持ち始め、どんどんヒートアップ。


プロレス熱は中3くらいまで続きましたね。



昔にさかのぼって力道山の時代まで関心持つようになり。


吉村道明、豊登、シャープ兄弟、ジェスオルテガ、

フレッドブラッシー・・・・


吸血鬼の異名を持つブラッシーの歯をヤスリで研ぐ

(研ぐ真似をする)パフォーマンスは力動山の指示

だったそうですが、本格派悪役レスラーの先駆けとして

好きなレスラーの一人でした。













パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

食べても太らない?



ブログを見た方からよく言われるのが

あれだけ食べてなぜ太らないのか?


一日中動いていますからね。

これがデスクワークだったらかなり

ブヨっているかも・・


とはいえ今は結構脂肪乗っていますけどね。
体脂肪率は10%くらいです。

夏の良い時は5%くらい。


昨年は春過ぎから秋まで意識的に炭水化物減らして

いましたから。

かるーい減量です。


それゆえ結構いいコンディションを保っていました。

でもそのかるーい減量期間中でもアイスやケーキは

食べていました。


減量時によくあるイライラや空腹感に襲われるような

事は皆無です。

饅頭ひと箱ふつうに食べていたし。


ちょっと矛盾してますね。



基礎代謝がかなり高いのだと思います。


来月くらいから昨年同様ゆっくりと夏バージョンの身体に

仕上げようかなと目論んでおります。









パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

元気




常に元気でいられるのは有り難いことです

ストレスを最小限に抑える

自由に好きな事をやるのが一番です。


そして思い描いた事は実行に移す。

別に大きな事じゃなくても良いんです。

小さな事でも。


それすら悩んで考えて結局先に進まない。

駄目なパターンですね。


ファミレスのメニューでもすぐに決められない人は

損するタイプ、苦労するタイプなんて聞いたこと

ありますけど・・・

大抵当ってますね。


行動力があると案外何事にたいしても、

上手くいく事が多いです。



気持ちも楽です。







さてさて


今日は昼ごはんは何も食べず、というより

食べる時間が取れなかったので甘いコーヒー一杯

それで夜10時まで乗り切りました。


もうこの時間にご飯というより、頂いた

お菓子をソッコー食べました

我慢できないので

タルト
130302_212438.jpg

バームクーヘン
130302_212411.jpg


食べたら益々元気がでました





今日の三重から。

効き過ぎて大変だったそうです。

まずは自重で筋肉使う・動かす練習するんですが

それだけでパンパンに張ってしまいオールアウト状態。

上手く動かせています。

でもこれから。


フライは自重でもキツいと言われましたが3キロは

扱えそうだったのでやってもらいました。

胸ってこんなに効くんだと驚きだったそうで。

ここから徐々に増やしていけば効果がはっきり

現れます。


ローイングも自重で筋肉を使う練習しましたが、

もう背中がパンパンに張り過ぎて痛いと。


でも3キロ持ってやってもらいました。


サイドレイズ、これは自重でも心が折れると言われました。

サイドレイズのトップは肩を上げる、腕ではありません。

ちょっとのポイントなんですが、このちょとが効果に

大きな違いが。


腕も自重でほぼ限界だったのですが1キロでやってもらいます。

パンパンに張り過ぎて、少し太く見えていました


結構みなさん同じような事言われる方多いですけど、

ここまで筋肉の刺激が強いのは想定外だと。

でも想像以上に効くからこのキツのが楽しいと

言って頂けました。


筋肉を動かす、コントロールさせる、その最大重量で

行う。

これ大事なんですね。










パーソナルトレーニングについて

<長田ケアセンター>

今日も楽しく!





朝食後
喫茶店でのモーニング
130228_084052.jpg

このリラックスする時間が大切なんです

憩いのひと時



その後、施術

寝違えで首が回らない、痛いという患者様が
来院されました。

寝違えについて詳しくは⇒こちら

施術後は首も動くようになり楽になったそうです。






昼から夕方まではパーソナル

福岡からお越し頂きました。

バルキーで筋肉隆々の方でした。

上腕45㎝以上あるかも

肩・胸・背はもちろん脚・カーフまでゴツい筋肉

腹筋まで割れているし。

ビルダーかと思いきや大会経験は無いそうで。

効かせるトレーニングを応用して更に進化したいとの事です。


しっかり筋肉の動かし方を体験してもらい

覚えていただきました。


元々上手いので筋肉への刺激、キツさも倍増です

明日の心配をされる程効きまくったそうです。


ダンベルフライ7.5キロでパンパンに。

サイドレイズは1キロがキツ過ぎて顔面が苦痛にゆがみます

ダンベルカールは3キロでこれまたキツいと。

脚は自重で限界。


これが筋肉を使う事、動かす事なんだと納得されていまいた。


効かせるトレーニング、コントロールを丁寧に意識しながら

行う事だと勘違いされている人が多いようです。


これだけ筋肉量がある方でも、これは実際にやってみないと

分からないと言われていました。

もう一度来てもっと習いたいと有り難いお言葉も

ありがとうございました




Image176.jpg









<長田ケアセンター>
メール carenagata@softbank.ne.jp

プロフィール

carenagata

Author:carenagata
代表・長田哲也
  tetsuya nagata
 
カイロプラクター
 (元カイロプラクティック専門校講師)
  スポーツ整体師
  物療技術士
  パーソナルトレーナー

トレーニング歴30年
ボディビル選手権
鳥取優勝
山陰優勝
日米岩国優勝
中国5県優勝
中四国優勝
他、入賞多数

パーソナルトレーニングでは運動経験の無い方や筋トレ初心者からボディビル、フィジークのトップ選手、全国各地のプロトレーナーはもとよりゴールドジムトレーナー、ゴールドジム公認パーソナルトレーナー、大手スポーツクラブヘッドトレーナーまで延べ2000人を指導。

パーソナルトレーニングをご希望の方は⇒こちら



所在地
鳥取県倉吉市八屋195-10

予約専用電話番号
(0858)26-3125

電話受付は午前8時~午後6時

営業時間
(平日)
9時~19時
(土・日・祝)
9時~23時

時間外でもご予約可能です

※完全予約制

スポーツ選手のコンディショニングからご年配の方に至るまで様々な症状に幅広く対応します。
腰痛、肩こり、頭痛、疲労、不快な症状、痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。

症例は⇒こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR